映画-Movie Walker > 作品を探す > 主水之介三番勝負

「にっぽん泥棒物語」の高岩肇と「忍者狩り」の山内鉄也が共同でシナリオを執筆、山内鉄也が監督。撮影は「くノ一忍法」の赤塚滋

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

私怨の果し合いで片倉道場を破門された夢殿主水之介は三年ぶりで江戸へ帰ってきた。そのころ江戸では、将軍家指南役柳生備前守が紀州家指南役選定の最中であった。当然、天地自念流片倉一閑斎と鏡心流大塚玄蕃が候補にあがり、二人の試合の結果で指南役が決定されることになった。ところがある夜、一閑斎は以前大塚道場を破門された、元師範代・木島弥十郎に斬られてしまった。勝目ないことを悟った玄蕃のさしがねだった。片倉道場は師範代・宮本左源太にうけつがれ、破門をとかれた主水之介は宮本に懇願され、指南役決定試合に出場することになった。一方腹のおさまらない宮本は、妹・綾乃に固く口止めすると単身弥十郎と対決した。が、結果は惨敗であった。この戦いで、一時は自暴自棄におちいった宮本だったが、恋仲・お千代や主水之介に励まされて気をとりなおした。いよいよ試合の日、柳生備前守立ち会いのうちに、主水之介と玄蕃は対決した。一瞬主水之介の太刀が速く、玄蕃を倒した。だが、主水之介には、まだ宿敵・弥十郎との戦いが残っていた。そんな主水之介を玄蕃の妻・美緒は必死に押しとどめた。美緒はかつて主水之介の愛人だったが、美緒に横恋慕する玄蕃の謀略で、主水之介は江戸を追放されていたのだった。しかし主水之介は、そんな美緒をふりきって、弥十郎と決闘場に向った。奇襲する弥十郎の剣をかいくぐった主水之介は、飛燕の早技で弥十郎を切りすてた。今は野望もなく、美緒とも別れた主水之介は、一人行方を決めぬ旅へ出て行くのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1965年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 88
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 山内鉄也
脚本 高岩肇山内鉄也
企画 小倉浩一郎折茂武雅
撮影 赤塚滋
音楽 津島利章
美術 大門恒夫
編集 河合勝巳
録音 加藤正行
スチル 深野隆
照明 井上義一

キャスト

夢殿主水之介 大川橋蔵
大塚玄蕃 天知茂
美緒 桜町弘子
片倉一閑斎 内田朝雄
宮本左源太 里見浩太朗
木島弥十郎 近衛十四郎
お千代 入江若葉
綾乃 新城みち子
雁念 芦屋雁之助
柳生備前守 原田甲子郎
田辺玄達 嵐寛寿郎
鶴丸一角 原健策
川上 尾形伸之介
塚田 蓑和田良太
西沢 河村満和
原口 茂呂弘人
村島 福本清三
松崎 岩尾正隆
富永 木谷邦臣
伊藤 有川正治
寺田 名護屋一
高橋漣
忠助 神戸瓢介
おとき 小島慶子
おまき 牧淳子
およし 丸平峰子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 主水之介三番勝負