映画-Movie Walker > 作品を探す > 一発かましたれ

「続社長忍法帖」の笠原良三安倍徹郎が共同でオリジナル・シナリオを執筆、新人小山幹夫が監督した喜劇。撮影は「孤独の賭け」の坪井誠

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ロマンス製薬の宣伝課員日森千太郎は、上には弱く下に威張り散らす半間課長にこきつかわれ、社内でも駄目な男として有名であった。千太郎は、社長秘書ミスロマンスの美川涼子の存在だけが、喜びであった。だが涼子はてんでハナもひっかけなかった。ある日千太郎の下宿に、大阪千波組の吉良鉄、飛車金が訪ねてきた。獄死した親分の後継者に、実子千太郎を口説こうというのだ。やくざなどまっ平という千太郎は、困りはてた。ちょうどその頃、千太郎担当の精力剤サムソンの広告のモデルが、やくざ八丁組総長八丁善六であることがわかり、責任をかぶった千太郎は、処理をする破目となった。事情を聞いた吉良鉄と飛車金は、半間に連絡すると、千太郎を変装させて、善六と半間の会っている料亭へのりこんだ。叩きのめにされた善六を見て、喜んだ半間は、三人を涼子の待つクラブへつれていった。千太郎の変装とは知らない涼子は、すっかりパリッとした千太郎を好きになった。喜んだ吉良鉄と飛車金は、千太郎をマンションに住まわせ、外車を与えた。涼子との夜毎のデイトに有頂天になった千太郎は、金だけにひかれる涼子を見て、苦々しい思いであった。再び八丁組のいやからせが始まった。遂に善六から千太郎に喧嘩状が届いた。東雲の埋立地で、喧嘩が始まろうとする時、駆けつけた大日本黒幕党花山の仲裁で勝負は手打となった。一方千太郎は、半間が涼子をとられた腹いせに、悪質な煽動で、千郎を殺そうとしていたことを知った。又、会社での悪事が露見した半間は馘となり、サムソンの宣伝に貢献した千太郎の株は、高くなった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1965年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 87
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 小山幹夫
脚本 笠原良三安倍徹郎
企画 園田実彦
撮影 坪井誠
美術 森幹男
編集 田中修
録音 大谷政信
スチル 田中真紀夫
照明 川崎保之丞

キャスト

日森千太郎 藤田まこと
大村鉄三 花澤徳衛
丘金吉 待田京介
美川涼子 中西杏子
桑野糸子 園まり
半間 藤村有弘
藤岡 益田キートン
黒岩大八 若宮忠三郎
車先生 由利徹
八丁善六 上田吉二郎
兄六 佐藤晟也
双六 潮健児
永井 ミヤコ蝶々
犬丸 犬塚弘
花山 藤山寛美
岡部正純
真田 杉義一
木村 大東良
ママ 大泉滉
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 一発かましたれ