映画-Movie Walker > 作品を探す > おゝ猛妻

土井聞太のオリジナル・シナリオを新人菱田義雄が監督した喜劇。撮影は「背後の人」の平瀬静雄

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

貝塚勇太は借金の返済に苦しむ社長をみかねて、債権者の葵貸店にやって来たが、逆に人間抵当として、働かされるはめとなった。主人の淳之助は婿養子で、実権は義母の玉子にあり、妻の勝子にも頭があがらない始末だ。玉子と勝子は易にこって、占いの通りに動くというありさまに、淳之助は嫌や気がさして料理屋の女将咲子のもとに通った。長女の高子はTVのコピーライター、次女の桃子は恋人の山川とよろしくやっている。玉子の尊敬する運命鑑定所の呑海先生は、淳之助の通う咲子にぞっこんの間柄。二人とも恐妻からの唯一の避難場所としていた。一方呑海は地面師谷本と組んで、他人名義の土地を玉子・勝子親子に売りつけていた。その頃、淳之助は危機に立っていた。桃子の恋人山川が、かつて淳之助の恋人キクの息子だと判ったのだ。桃子と山川が兄妹であることを恐れた淳之助は、勇太に破談にしてくれるよう依頼した。だが父親が淳之助であることを否定したキクは、この結婚に大賛成だと語った。またその頃、葵質店では、淳之助が質草のバッグを咲子に与えたことから浮気がばれ、咲子のもとへのりこんで来た勝子の見幕で、淳之助は傷つき、いよいよ淳之助は妻への未練を捨てた。淳之助不在のまま、桃子の婚約は成立した。時を同じくして呑海たちの計画を知った勇太は、淳之助を連れて土地売買調印寸前の質店にのりこんだ。一世一代の啖呵をきった淳之助は、名誉を回復し実権を握った。一年の後、勇太は咲子と結婚し、淳之助の娘たちにも子供が出来た。だが一年ぶりに葵質店を訪れた勇太の耳に「かあちゃんかんべんな」という淳之助のもの哀しい声が聞こえていた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1965年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 84
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 菱田義雄
製作 小角恒雄
脚本 土井聞太
撮影 平瀬静雄
音楽 牧野由多可
美術 宇野耕司
編集 浜村義康
録音 堀義臣
スチール 梶本一三
照明 津吹正

キャスト

貝塚勇太 長門勇
葵淳之助 伴淳三郎
葵玉子 浪花千栄子
葵勝子 村田知栄子
葵高子 横山道代
葵桃子 中村晃子
谷本寛一 谷幹一
呑海先生 益田喜頓
山川賢 竹脇無我
出雲直志 関敬六
富本憲吉 須藤健
咲子 小畠絹子
お力 三条美紀
山川キク 森光子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > おゝ猛妻