網走番外地(1965)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

網走番外地(1965)

1965年4月18日公開,92分
  • 上映館を探す

伊藤一の原作を「顔役(1965)」の石井輝男が脚色、石井輝男が監督したアクション・ドラマ。撮影は「あの雲に歌おう」の山沢義一。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

網走刑務所に二人一組の手錠につながれた新入りの囚人たちがやってきた。そのなかの一組に橘真一と権田権三の二人がいた。貧農の生れの橘は、義父・国造との仲がうまくいかず家をとびだし、やくざの世界に足を踏みいれ、親分のための傷害事件で懲役三年を言い渡されたのだった。一方、権田は前科五犯のしたたかものだ。二人が入れられた雑居房には桑原、依田の古参囚人に混り初老の阿久田がいた。依田は殺人鬼・鬼寅の弟分と称して房内を牛耳っていた。こんな依田に権田は共鳴し、橘はことごとく反抗した。そんなある夜、依田と権田がしめしあわせて橘に襲いかかり、乱闘騒ぎが看守に発見されて三人はそれぞれ懲役房に入れられた。そんなとき、妹の手紙が舞いこみ、橘は母が義父・国造の虐待で病床に倒れたことを知った。橘は国造への怒りを森林伐採の斧にたくして懸命に働いた。そんな橘に、以前は同じみちをたどったことのある保護司・妻木は親身の世話をしてやるのだった。が、そのころ雑居房では依田、桑原、権田の三人を中心に脱獄計画が進められていた。だが決行寸前、阿久田の裏切りで脱獄計画は崩れ去った。殺気だつ房内で阿久田は自分の正体をあかした。以外にも阿久田こそ、殺人鬼として恐れられた鬼寅だったのだ。数日後、山奥に作業に出た囚人たちは、護送トラックから飛び降り脱走を計った。橘も権田に引きずられて路上に叩きつけられた。二人は手錠でつながれたまま雷の中をひた走った。一方、妻木は橘に裏切られた怒りを胸に二人を追った。汽笛を聞いた二人は線路に手錠の鎖をのせ汽車に鎖を切らせた。しかし権田は反動で谷間に落ちた。橘はそんな権田を捨てきれず、追ってきた妻木と共に重傷の権田を助けて病院に犬橇を走らせるのだった。

作品データ

製作年
1965年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
92分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.3
  • 晴耕雨読

    5
    2009/11/1

     新宿歌舞伎町の界隈では現在でもカラオケで歌われている「網走番外地」のメロディ♪。この歌は映画冒頭に流れ、鮮やかな赤で画面いっぱいに映画の題名が現れるのは「網走番外地」シリーズがカラー映画になってからですが、第一作「網走番外地」から第十作「網走番外地・吹雪の闘争」までの10本を全て石井輝男監督が担当して、健さんの二枚目半的な魅力を確立。独特な流れ者アクション映画のスタイルを構築したエポック的作品です。東映映画の開始を知らせる荒磯にそそり立つ尖った岩に荒波がザブーンと打ち寄せてから「東映」マークがかかり、「網走番外地」の歌に入る前のイントロの哀切感極まるエレキギターの音色♪は私たち観客の暗い情動を激しく揺さぶります。懲役刑に処せられた犯罪者の魂が篭もっているとでも表現すれば良いでしょう。

     網走刑務所で懲役中の主人公・橘真一(高倉健)は懲役仲間の権田(南原宏治)から脱獄話を持ちかけられ、成り行きで手錠で繋がれたまま北海道の大雪原を横断する羽目になる訳ですが、スタンリー・クレイマー監督の「手錠のままの脱獄」が下敷きにあるのは間違いない事実です。またヒットするか否か手探り状態で製作されているためにモノクロ映像を余儀なくされていますが、このモノクロ映像が抜群に良い結果を結んでいます。モノクロ映像だからこそ酷寒の北海道の大自然が暗い映像の中で生々しい輝きを放っていると思います。

     クライマックスでは新宿歌舞伎町の雑踏を、手には白鞘の日本刀、白のトレンチコートを肩に羽織って颯爽と駆け抜ける健さんのカッコよさといったら、思わず「健さん!」と場内で叫びました。勿論、この映画を初めて鑑賞したのは、大学入学のために上京した新宿昭和館だっただけに、全共闘学生や民族派学生、ホワイトカラー族、ブルーカラー族、中には懲役経験者もいたでしょう。そんな呉越同舟の館内。館内は私の声に反応するかのように、「待ってました!健さん!」の声が地響きのように沸きあがり、ラストシーンでは全員が涙を流しながら万雷の拍手で締め括られました。

    【新宿昭和館】
    【浅草名画座】
    【池袋文芸地下】
    …鑑賞

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告