映画-Movie Walker > 作品を探す > バラケツ勝負

「忍び大名」の比佐芳武がシナリオを執筆「新吾番外勝負」の松田定次が監督した侠客もの。撮影もコンビの川崎新太郎

3/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

大正初期の神戸湊川新開地。当時そこは最大の歓楽地帝で博徒、クスブリ、バラケツなどの争いが絶えなかった。地元兵庫県警察本部でもこの地区には、特に監視の目を向けていたが、鬼刑事武村久五郎刑事部長の関心は更に強かった。それと言うのは、久五郎には、久雄という息子がいたが十六歳の時母を亡くし、後妻と合わず、勘当され、家出をすると、今ではこの歓楽街でバラケツ仲間として顔を売っているからだ。こんなある日、学生バラケツ秋月京太郎が久雄を頼ってやって来た。意気投合した二人は、福原へ遊びに出かけ、帰り久雄は一人で情婦福原芸者の花奴と酒をくみ交し、泥酔してしまった。夜中、うたた寝から目ざめた久雄は、傍の花奴の無惨な死体に驚愕した。廊下には仲居のお梅までが、久雄の匕首で刺されていた。あわてた久雄は裏手の窓から屋根づたいに逃げたが、ちょうど警羅中の久五郎は、胸騒ぎを覚え、現場に立って呆然とした。久雄のしわざと思い込んだ久五郎は、久雄の代りに自首して出た。新聞はこぞって名刑事の殺人事件を書きたてた。身に覚えのない久雄は、放心した毎日を送った。秋月はそんな久雄を力づけた。事件後一週間を過ぎたが、ナゾは解けず、久雄は父を思い自首を決意した。久五郎は逮捕されてからというもの、自責の念にかられ、鉄格子の中で断食をしていた。しかし、久五郎にも、疑惑があった。それは花奴の体内に睡眠薬を飲んだ形跡があることに、つながる、謎であった。釈放された久雄に同情は集り、事件の究明にのり出した。そして、栗本隆吉の名があがった。栗本は元兵事部長在職中、軍医坂内兵助と結託して、暴力団員五〇名を丙種として軍籍から除き、暴利をむさぼっていた。それをかぎつけた久五郎は、栗本を追っていたのだ。そしてこの事件は栗本がたくらんだ、久五郎追出しの策であったのだ。バラケツを集結して、栗本に殴りこむ久雄の目に明るいものがあった。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 1965年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 92
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

武村久雄 大川橋蔵
武村久五郎 志村喬
相良主任 大木実
妙子 藤純子
おかつ 久保菜穂子
花奴 桜町弘子
佐和勘吉 山城新伍
新川勝兵衛 佐藤晟也
菱川万吉 横山アウト
山田友三 藤田功
岩岡金治 名古屋一
平原課長 大里健太郎
井川刑事 片岡栄二郎
村上刑事 河村満和
西田刑事 茂呂弘人
木下鹿造 曽我廼家明蝶
角造 国一太郎
江藤安之助 遠藤辰雄
井沢大吉 楠本健二
鉄砲松 大前均
庄七 加藤浩
大月屋利助 江見俊太郎
留次郎 尾形伸之介
田川幸吉 平参平
おさき ミヤコ蝶々
おかね 赤木春恵
お浜 千原しのぶ
お梅 鳳玲子
お茶羅 岸本教子
小西清次郎 唐沢民賢
栗本隆吉 内田朝雄
秋月京太郎 内田良平
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

人間失格 太宰治と3人の女たち
人間失格

小栗旬が太宰治を演じ、小説「人間失格」誕生にまつわる物語を蜷川実花監督で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > バラケツ勝負