映画-Movie Walker > 作品を探す > 花咲く乙女たち

馬場当の原作を堀内信男鈴木通平が共同で脚色、「早射ちジョー 砂丘の決斗」の柳瀬観が監督した歌謡ドラマ。撮影は「男の紋章 花と長脇差」の高村倉太郎

3/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

織物の町尾西市に、松井組長の命令を受けて、チンピラ山口昌次が弟分サブを連れてやって来た。女工を引き抜いて売りこもうというわけだ。近くの汁粉屋に腰を落着けた昌次は、よく来る女工サツキに早くも目をつけていた。しかしそれは、仕事を離れた好意であった。だが昌次の素姓を知ったサツキは、やくざは嫌い!と昌次へ怒りをぶちまけた。昌次の素姓は、サツキの親友で、かつて昌次と同じチンピラ仲間であった太一によって知らされたのだった。怒った昌次は太一を神社に呼んで、殴ったが、これが逆に二人の間を親密にした。翌日、太一に誘われて、織物工場を見た昌次は、女工たちの美しい表情に、身のしまるのを感じた。だが昌次と一緒にいる太一を見たサツキは、太一へ雑言をあびせて、去って言った。昌次の心は重かった。再び泥沼の生活が昌次を待っていた。話を聞いたサツキ、太一の努力で、心のほぐれた昌次は、ハイキングに参加したが、楽しいコーラスの中で昌次は孤独であった。途中、サブと抜けだして帰った昌次を、太一は激しく責めた。それから一週間ののち、サツキの父が突然尾西にやって来た。仕事の都合で案内出来ないサツキに代って、昌次は観光案内を買って出た。一方サブが盲腸で入院した。その頃、サツキは父の胃ガンを治療するため、入院費の捻出に、キャバレー勤めを覚悟していた。これを聞いた昌次は、皆に呼びかけて、サツキに入院費を手渡した。昌次の親切にサツキの心は次第に柔らいだ。そして昌次もこれを機会にやくざの世界から足を洗う決心をしたが、松井組長から激しくつめ指を迫られ、遂に小指をつめ、尾西市をあとにした。見送るサツキの目に涙が光っていた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1965年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 94
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 柳瀬観
原作 馬場当
脚色 堀内信男鈴木通平
企画 笹井英男
撮影 高村倉太郎
音楽 池田正義
美術 横尾嘉良
編集 近藤光雄
録音 古山恒夫
スチル 坂東正男
照明 河野愛三

キャスト

昌次 山内賢
サツキ 西尾三枝子
太一 舟木一夫
サブ 堺正章
川本 小池朝雄
はる子 上月左知子
松井組長 金子信雄
幹部田村 郷えい治
清作 中村是好
菅沼 菅井一郎
監督の秋江 堀恭子
斎藤先生 鴨田喜由
アイコ 伊藤るり子
コシエ 田代みどり
フミコ 岡田可愛
セツコ 浜川智子
ユキエ 井上清子
カネ子 水城英子
女工員A 清水千代子
女工員B 藤井和子
ロクさん 衣笠真寿男
五郎 桂小かん
圭太 杉山元
お姐ちゃん 若葉めぐみ
お姐ちゃんの彼氏 二木草之助
チエちゃん 川口道江
ヨーちゃん 久保寺安江
修理工ガンちゃん 井田武
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 花咲く乙女たち