映画-Movie Walker > 作品を探す > 十兵衛暗殺剣

紙屋五平の原作を「忍者狩り」の高田宏治が脚色「月影忍法帖 二十一の眼」の倉田準二が監督した忍者もの。撮影は「紫右京之介 逆一文字斬り」のわし尾元也

3/5
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

神秘的なたたずまいをみせる琵琶湖・竹生島。狂ったように鳴き騒ぐ白鷺の群れが舞い降りる湖上には、白鷺に喰い荒されて死を待つ五人の処刑者があった。処刑されたのは、湖賊の長六右衛門の娘美鶴と配下の源と近江之介だった。かつては湖をわがもの顔に横行し、水の忍者として恐れられた湖賊だが、支配者が代った今、公儀の力の前に衰滅の一途をたどっていた。一方、将軍家指南役をつとめる柳生新蔭流は、上泉伊勢守から柳生石舟斎につがれ、さらに独眼の剣豪柳生十兵衛三巌に受けつがれていた。しかし新蔭流を受けついだのは、石舟斎だけではなかった。同門松田織部正も石舟斎を凌駕するほどの腕を持っていた。しかし織部正は豊臣家の禄をはんだが故に野におかれた。幕屋大休は、この織部正の流れをくんだ剣術者だった。大休は、新蔭流正統を証明する印可状と守り刀を竹生島神社から奪い、そのまま江戸に足をのばし、柳生新蔭流に正面から挑戦した。これを知った将軍家光は、大休を斬り、印可状を奪うように十兵衛に命じた。これを聞き、血気にはやる十兵衛の門弟達は、大休の道場に斬りこんだ、しかし、道場剣法しか知らぬ門弟達は、大休らの手で無惨にも斬って捨てられた。大休の作謀で戦いの場所は竹生島に移った。大休の参謀田丸宗十郎は、衰退の一途をたどる湖賊を言葉たくみに煽動して仲間に引き入れ、十兵衛らを迎え討った。湖の上で育った湖賊の神出鬼没の活躍で、十兵衛らは敗退し、門弟達は惨殺され、一人十兵衛だけが生きのこった。十兵衛は、湖賊になりすまして大休に迫った。湖賊の持つ銛を武器とした十兵衛は大休の前に立った。白刃がひらめき、銛がうなった。くずれ落ちた大休の屍を前にした十兵衛の胸の中を、亡び行くものの哀感が、そっと吹き抜けていった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1964年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 86
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 倉田準二
原作 紙屋五平
脚色 高田宏治
企画 森義雄秋元隆夫
撮影 わし尾元也
音楽 鏑木創
美術 吉村晟
編集 神田忠男
録音 墨関治
スチール 諸角義雄
照明 上田耕太郎

キャスト

柳生十兵衛 近衛十四郎
柳生但馬守 香川良介
家光 林真一郎
松平伊豆守 北龍二
庄田喜左衛門 内田朝雄
出淵平兵衛 大木悟郎
忍藤九郎 河村満和
倉森八十助 神木真寿雄
箕作平三 国一太郎
宝生緑之助 鈴木金哉
泊角次郎 唐沢民賢
城所早苗 河原崎長一郎
河村周防 原京市
工藤嘉次郎 脇中昭夫
岡田千代
美鶴 宗方奈美
長近江之介 雲井三郎
朝妻の源 高杉玄
菅の木又 山本一郎
浦の郷兵衛 木谷邦臣
田丸宗十郎 神戸瓢介
津軽伯典 近江雄二郎
七尾理助 鷹司譲紀
後宝綱 波多野博
宮三蔵 小田部通麿
与助 源八郎
幕屋大休 大友柳太朗
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

ジョン・ウィック:パラベラム
ジョン・ウィック:パラベラム

最強の殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたキアヌ・リーブス主演のアクションシリーズ第3弾

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 十兵衛暗殺剣