映画-Movie Walker > 映画作品を探す > にっぽんぱらだいす

新人前田陽一が、シナリオ執筆、監督した風俗もの。撮影は竹村博

4/5
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

昭和二十年、アメリカをはじめとする連合軍が日本に進駐してきた。国家は、国民外交の円滑な発展を計る、という名目で、R・A・A(特殊慰安施設協会)を開設した。桜原という赤線地帯の業者、蔵本大典も、疎開させておいた店の女達を連れ戻し、R・A・Aで働かせていた。そんな女達の中に、まだお下げ髪の処女光子もいた。然し、このR・A・Aも性病の蔓延を防ぐというG・H・Qの指令で閉鎖された。蔵本は、自分の店の女達を連れて、再び桜原に帰り、妓夫太郎の六助や女達と廓を復興し「日ノ丸楼」と名付けた。そんなとき、蔵本の一人息子希典が復員してきた。が、そんな父の商売を嫌って家出した。昭和二十八年、世間は落着きを取戻し、赤線桜原も繁栄の一途をたどり、「日ノ丸楼」も「ハレム」と名を改めた。ハレムの馴染客で、ニワカ成金の紀ノ国屋は、その財力で光子を水揚げすると共に、老妻の了解を得て、妾においた。そんなある日、ハレムに、卒論「日本売春史」作成のため“夜の女”の生活を体験したい、という女子大生楠千恵子がとびこんできた。千恵子のものおじしない発言は、女達の間に新風を巻き起した。昭和三十一年五月「売春防止法」が成立。蔵本はそのショックで世をさった。家出をしていた息子希典は、そんな父の姿をみて、妻の反対を押切り、「ハレム」の後を継いだ。希典は女達のために大巾な待遇の改善をした。そんなとき、親族の反対で家を追い出された光子が舞いもどった。再び店にたった光子は、純情な学生柴田を知りしだいに心をひかれていった--。昭和三十三年三月売春防止法が発効され、女たちはミス・ソープに転身していった。桜原の灯が永遠に消されたその夜、光子は毒をあおった。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

製作年 1964年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 93
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 佐々木孟
脚本 前田陽一
監督 前田陽一
撮影 竹村博
音楽 山本直純
美術 森田郷平
照明 中田達治
録音 大村三郎
スチール 長谷川宗平
編集 寺田昭光

キャスト

光子 香山美子
はるみ ホキ徳田
蔵本希典 長門裕之
蔵本大典 加東大介
蔵本芳子 中村雅子
紀ノ国屋文八 益田喜頓
ケサ 浦辺粂子
六助 柳澤愼一
楠千恵子 加賀まりこ
柴田 勝呂誉
トメ 岸輝子
近藤文子 原泉
菊江 江畑絢子
千美 中村たつ
悦子 水科慶子
加代 八代起世美
ペカサス 穂積隆信
女王蜂 上田吉二郎
夜っぱりのお伝 矢吹寿子
堂野 菅井一郎
酒屋の隠居 小川虎之助
道子 中川弘子
青年 入川保則
キャプテン 小瀬朗
長門勇
早川保
菅原文太
菅原通済
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
僕と世界の方程式
僕と世界の方程式

国際数学オリンピックで金メダルを目指す少年の姿を描く実話ベースの青春ストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > にっぽんぱらだいす