TOP > 映画作品を探す > われ一粒の麦なれど

「みれん」の松山善三のオリジナル・シナリオを「名もなく貧しく美しく」の松山善三が監督した社会ドラマ。撮影は「くたばれ!社用族」の村井博

4/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

農政省官吏坂田昌義は、ある日、異常に興奮し泣き叫ぶ女性からの電話を受けた。それは子供が小児麻痺にかかったことを主人にうったえる間違いの電話だった。それから数日、坂田はテレビで小児麻痺患者の惨状をとらえたニュースを見て、あのときの悲痛な電話の声が再び生々しく呼び返された。それからというもの、小児麻痺撲滅が坂田の念願となった。そんなある日、坂田の契約恋人でバーのホステス由美から、北海道で大量発生した小児麻痺患者の惨状を取材したアジアTVの報導員熊谷を紹介された。坂田は熊谷から小児麻痺の予防薬としてソ連のセービン博士がつくった生ワクチンがあることを聞き、早々ポリオの権威平岡教授のところへ、その安全性を確めにいった。しかし平岡教授にも、その安全性を絶対的に裏づける力はなかった。坂田は必死に小児麻痺に関するデーターを集めた。そうするうち、坂田は小児麻痺予防には生ワクチン以外にないと確信した。が、これを使用するには、その安全性を保障するための人体実験が必要だ。坂田は平岡教授や熊谷に協力をたのみ、人体実験に必要なデーター作成にのり出した。折も折小児麻痺は過速度的に蔓延し、世論が高まり、生体実験が行われることになった。しかし小児麻痺の義弟を持つ女医根本倫子は、安全性の保障できない薬をのませることはできないと拒絶した。が、「九十九人を助けるために、一人の犠牲はしかたがない--」という坂田の説得の前に倫子もおれた。人体実験は成功した。厚生大臣は大量の生ワクチンを輸入して、生ワク投与にふみきった。が、そのころ坂田は左遷され、由美とも別れ、一人東京を去っていくのだった。

作品データ

原題 Could I But Live
製作年 1964年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 108
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 佐藤一郎椎野英之
脚本 松山善三
監督 松山善三
撮影 村井博
音楽 佐藤勝
美術 狩野博
照明 今泉千仭
録音 原島俊男
スチール 中山章
編集 広瀬千鶴

キャスト

坂田昌義 小林桂樹
妻節子 菅井きん
坂田マサ子 原地東
坂田トオル 池沢均
母のぶ 岡村文子
坂田由美 二代目水谷八重子
田神部長 田崎潤
熊谷覚 大村崑
阿部 長谷川哲夫
半井 中原成男
衛生福祉省課員西 名古屋章
平岡教授 木村功
桑原博士 田中志幸
仁科博士 大邦一公
立花 田中春男
村松 浜村純
鈴木 東京ぼん太
萩原調査部長 山田巳之助
飛松 守田比呂也
黒川 木元章介
根本彦太郎 下元勉
妻倫子 高峰秀子
根本の母 毛利菊枝
根本二郎 大辻伺郎
熊本弁の男 小笠原章二郎
ある母 市原悦子
乳児院院長 森繁久彌
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > われ一粒の麦なれど