暗殺(1964)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

暗殺(1964)

1964年7月4日公開,104分
  • 上映館を探す

司馬遼太郎原作「幕末」の一篇“奇妙なり八郎”より「無頼無法の徒 さぶ」の山田信夫が脚色「乾いた花」の篠田正浩が監督した時代劇。撮影もコンビの小杉正雄。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

文久三年、浪士取扱松平主税介は老中板倉周防守に手を回し、目明し嘉吉を斬った罪で追われていた出羽浪人清河八郎を許す一方、風心流の名人佐々木唯三郎に清河を斬る準備を命じた。だが先廻りをした清河は、佐々木の前で北辰一刀流大目録皆伝の腕をいかんなく発揮し、佐々木をうちのめした。松平が清河を知ったのは八年前、清河が熱烈な尊攘論者であった頃であった。だがその清河は、勤王の志士への対策として、守護職に名をかりた浪士隊を組織することを、松平に献案して大赦を受けたのだった。かつて清河と同志であった佐久間たちは、彼の変節に激怒した。松平の命をうけて清河をつけ狙う佐々木もこの話を興味深く聞いた。そして佐々木は清河が嘉吉を斬った夜、彼が妓楼からひいたお蓮にすがりついて錯乱の態であったことを知って、清河を斬ることができると思った。だが、お蓮も、捕吏の拷問にあい斬殺されていた。文武に秀れ天才と呼ばれた彼の言動には、奇怪な事が多かった。弟子の石坂周造も坂本竜馬も、清河の思い出について、薩摩藩士を煽動し寺田屋事件をひきおこしたのみで、倒幕に失敗した時の、一匹狼清河の姿は寂しいものであったと語るのみで、清河の本当の姿を知るものはいなかった。さて、清河立案の浪士組は結成され、清河は同志の批判の中、京へ向った。京へ入ると清河は、自分の野望を遂げんと、尊王攘夷の勅諚をもらい朝廷直轄の浪士隊を作ろうとした。計画通り勅諚をもらい清河幕府を樹立した清河に、幕府の面々はあわて、再び佐々木が使わされた。執念の鬼と化した佐々木は、一夜酔った清河の背後を襲い一匹狼清河の命を奪った。

作品データ

原題
Assassination/The Assassin
製作年
1964年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
104分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • やまひで

    4
    2011/12/29

     幕末の政治状況を理解する一つの指標としては、「佐幕」か「倒幕・討幕」か、という軸がある。「鎖国」か「開国」かという軸もありそうではあるが、誰しもが基本的に開国反対であって、問題はそこから、民族主義的に「攘夷」にまで過激になれるかどうかであっただろう。そして、この「攘夷論」は、薩英戦争の時点(1863年)までにはその実現が無理であることが判明する。これに対して、「尊王・勤王」(幕末の政治文脈では「尊皇」)たることは、一義的には「反幕」とはならないのであり、「尊皇佐幕」という立場もありえたのであった。ここからは、所謂「公武合体論」の立場も遠くないのであり、「尊皇」が「討幕」に結びつくのは、幕藩体制を批判する社会革命的要素、つまり武士階層の下層にあった郷士層出身の者が政治革命を志向することによって可能であったろう。
     本作の主人公、清河八郎は、正にこの郷士層の出身である、尊皇派であった。文武両道に秀で、江戸で清河塾を経営、尊攘運動を唱道するも、自らの才に溺れた策士でもあった。本作でも言及される、約250名の浪士組の手勢で京都で「清河幕府」樹立を夢想する、悪く言えば、はったりを利かせた「詐欺師」とも言えなくはない人物である。ここに「佐幕」と「討幕」の間を綱渡りした清河の「不可解さ」があったと言えるだろうし、「奇妙なり八郎」という異名も頷けるものである。本作は、この清河の「奇妙さ」を、彼と関わった人間たちに証言させることで、ストーリーを展開する、実に語り口の上手い仕上がりになっている。清河という毒をもって毒(勤皇志士)を制しようとする松平主税介(名優岡田英次)、清河の妾お蓮、幕臣で同士の山岡鉄舟、その妻英子(彼女が暗殺後刎ねられ、奪還した清河の首級を保管した)、弟子たち、そして坂本龍馬などがそれぞれの清河像を語っていく。白黒で、陰影のコントラストを上手く使った映像、映像のぶれることを嫌わないカメラワーク、さらには、一人称の語り口も入れたカメラ・アングル(撮影:小杉正雄)など視覚的にも十分耐えうるものを、松竹ヌヴェル・ヴァーグの三銃士の一人篠田正浩監督はものにしている。
     惜しむらくは、坂本龍馬も後に暗殺したとされる佐々木唯三郎が確かに重要な役を本作では演ずるものの、ストーリーの眼目は清河であり、この点、タイトル名とストーリーの主題がずれていることであろうか。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告