TOP > 上映中の映画作品を探す > 悪坊主侠客伝

大西秀明河合勝巳西村政治が共同でシナリオを執筆「めくら狼(1963)」の大西秀明が監督した任侠もの。撮影は「宮本武蔵 一乗寺の決闘」の吉田貞次

3/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

盲目の鉄心が、名古屋警察署武道大会で、十円の懸賞をとったことは、会場の人々の目を見はらせた。特に、村山幻鬼を始めとする師範にとっては、面白からぬことであった。帰途、鉄心は何名かの幻鬼一味に襲われたが、どこからともなく現れた、黒マントに、ステッキを巧みに使う、死神源次の出会いは、お互いの心に深く残った。数日後、大阪に出た鉄心は、途中で、監獄から出たばかりで、金に困る長吉に十円めぐんでやるという義狭心を示した。彼は、七年前迄、大阪の常念寺の了然和尚のよき弟子であった。だが“仏の市兵衛”と呼ばれるやくざ親子の、墓参で、読経をしてやったことが、鉄心の運命を狂わせた。その日、市兵衛は安藤武平太という流れ者に斬殺されたのだ。その場にいた鉄心は、犯人の顔を見たという罪で、目を斬られた。鉄心が常念寺に着いた頃、死神源次は、大阪で黒田組の幹部、伊太八に言い寄られていた、お園と一緒に、常念寺に来た。奇しくもこの寺で再会した鉄心とお園、七年前父の側にいた幼い娘が、このお園なのだ。源次は傍らで、お園の顔が、かって自分が殺した女房お俊とそっくりなのに驚愕し、いつか自分のものにしたいと思った。復讐に一途の希みをかけている鉄心は、武平太が九州飯塚に居ることを知って、旅へ出た。死神も、黒岩組の命令で後をつけた。同じ汽車には、鉄心を心配するお園も同乗していた。了然和尚の紹介で、お春を訪ねた鉄心は、偶然、長吉とめぐりあった。鬼熊一家に、刀を預ける武平太を、ついに斬った源次は、長吉の世話を受けて、久しぶりの平和な日を送っていた。お園も、鉄心の身のまわりの世話をかいがいしくしていた。だが長吉は、鬼熊一家の計に陥ちて、爆死した。ついにど根性を発揮した鉄心は、お園のとめるのもきかず、鬼熊の果し合いに走った。たまりかねたお園は、隣家ですきを狙う、源次に、鉄心と自分をひきかえに、助っ人を頼んだ。ボタ山の喧嘩場で、立派に役目を果して、鉄心の命を守った源次が、お園をつれてゆこうとした時、鉄心の仕込杖は鮮やかに源次を倒していた。鮮血に染った源次の顔、お園の絶叫する声が、響いていった。

作品データ

製作年 1964年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 86
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

南無法華の鉄心 近衛十四郎
死神の源次 東千代之介
仏の市兵衛 尾上華丈
お園 北条きく子
お静 東龍子
了然和尚 三島雅夫
お春 千原しのぶ
長吉 田中春男
大吉 竹内満
黒川岩蔵 二代目澤村宗之助
伊太八 片岡栄二郎
黒岩の仔分 安藤薫
鬼熊 阿部九洲男
弥吉 藤川弘
吉岡 藤木錦之助
蛸松 佐藤晟也
武平太 須賀不二男
鬼熊の仔分 島田秀雄
村山幻鬼 植村謙二郎
炭坑の小頭 毛利清二
三五郎 坂田祐三郎
名古屋署長 浪花五郎
審判 熊谷武
伸助 木島修次郎
丑松 結城哲也
師範 相原昇三郎
警官 小田部通麿
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 悪坊主侠客伝