肉体の門(1964)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

肉体の門(1964)

1964年5月31日公開,90分
  • 上映館を探す

田村泰次郎の同名小説を「潮騒(1964)」の棚田吾郎が脚色「花と怒涛」の鈴木清順が監督した風俗ドラマ。撮影は「仲間たち」の峰重義。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

敗戦に虚脱し、疲れきった男たちの間に、毒々しい悪夢の花を咲かせる女たち。十七歳のマヤが、関東小政のおせんのグループに仲間入りしたのも、たった一人の兄をボルネオで亡くし、外国兵に肌を奪われてからだ。焼ビルの地下には、ジープのお美乃、ふうてんお六、町子と、皆暗い過去を背負った女たちがたむろしていた。今日も闇市では、仲間の掟を破った夜の女が、激しいリンチをうけていた。彼女らの中には、よその女に縄張りを荒させない、ただで男と寝ないという掟が生きていた。一方関東小政の刺青をもつ、おせんは、進駐軍の兵隊を半殺しにした復員姿の新太郎を助けた。すさんだ生活をしていても、小政たちもやはり女だ。たくましい男を見て、彼女らの中に愛に、似た感情が湧いて来た。そんな時、町子が小笠原というなじみの客と、結婚を約束して代償なしに身体を与えていることがバレてしまった。怒り狂った小政、マヤらは、地下室に町子を宙吊りにすると、リンチを加えた。途中、新太郎にさえぎられたものの、すさまじいリンチは、マヤの身体に忘れていた女の生理をよみがえらせた。そして新太郎に強烈にひきつけられていった。一方新太郎は、進駐軍のペニシリンをもっていた。小政の口ききで新太郎は阿部と兄貴分の石井にそれを売り、莫大なお金を受けとった。祝い酒に酔った新太郎は、焼跡に絡がれた牛を地下室にひっぱって来ると久しぶりの牛肉にありつき乱痴気さわぎがつづいた。飲み食い、ひもじさから解放されたマヤは、新太郎を廃船につれこむと、愛撫を求めた。彼も激情にかられ、マヤを抱くと、「新しい生活へのスタートをきろうと約束した」しかし、かげでこれを聞いた小政は、マヤに激しいリンチを加えるのだった。けれど、希望に満ちたマヤの瞳は美しかった。一方、新太郎は小政に、ペニシリンがインチキだと密告され、石井らの一団とMP、警官に追われた。新太郎は必死に逃げたが、MPの弾丸が容赦なく新太郎の身体に食いこんでいった。何も知らないマヤは新太郎の約束の場所に急いでゆくのだった。

作品データ

原題
Gate of Flesh
製作年
1964年
製作国
日本
配給
日活
上映時間
90分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.5
  • Simon

    4
    2013/6/28

    小政のせんのセリフ「男と寝るなら金を取らなきゃダメだよ」を聞いて、2011年の邦画『恋の罪』(園子温)を思い出した。園監督は現代の鈴木清順?なんて思ったりもする。

    それにしても宍戸錠のたくましすぎる肉体には驚いた。それを見た娼婦たちが彼に惹かれていくのにも納得(もちろんほかにも理由はあるが)。

    直前に、同監督作『殺しを烙印』を観てがっかりしたが、この作品を観て、改めて鈴木清順への興味がわいた。戦後の娼婦たちの力強さを監督独特のユーモアを交えて描いた秀作。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 晴耕雨読

    5
    2009/6/27

     日活のロゴが画面に登場するや否や空襲警報や機銃掃射の音に襲われます。音楽はノイズに掻き消され、製作会社の面子すら抹消されているようです。そのノイズも突然消滅し、呻くようなバラードが唄われます。クレジットには路上を彷徨う裸の女たちの絡みつくような絵。次のカットは東京の街を彷徨う野川由美子演じるマヤをカメラが追っかけます。売春婦の集団がアメリカ進駐軍たちに罵声を浴びせます。それを傍観しているマヤ。街頭のPAから当事の流行歌が聴こえるのですが、何故か歪んだ響きを感じます。センはそんなマヤを観察しながら、売春婦へ勧誘しようとするのです。マヤは忌まわしい過去を思い出します。画面に突然登場する星条旗。太鼓が不安なリズムを打ち鳴らす中、進駐軍にレイプされ、黒人牧師に助けられるマヤのフラッシュバック。

     優等生的な映画を製作していた東宝や松竹にはなく、東映や大映の不良性ともチョッと違う日活のプログラム・ピクチャーは20世紀的モダニズムの暴力的なコラージュが感じられます。音、イメージ、色彩、編集、移動感、表情、肉体、あらゆるものが激突しながら織り成す死との戯れであり、鈴木清順監督の演出は恐ろしくカラフルな悪意が快感でさえあります。「肉体の門」とは売春婦グループが住処にしている廃墟のことであり、彼女たちは生きるために売春を行うのです。女たちの嬌声や悲鳴や絶叫は様々に千変万化しながら「肉体の門」を貪欲なエネルギーで満たします。この場所には内面は存在しません。あるのは赤裸々な現実であり、全てが露わになっているのです。彼女たちの人間性も人格も衣装によって表現されてはいません。彼女たちは単色の洋服を身に纏い、救いようのないどん底の環境と対峙し、それに溶け込みことを拒否しています。日本が初めて敗戦を味わった大東亜戦争後の混乱期に、したたかに、しなやかに、つややかに生き延びた彼女たちに感動するのです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告