映画-Movie Walker > 作品を探す > この道赤信号

「のれんと花嫁」の柳沢類寿がシナリオを執筆「東京オリンピック音頭 恋愛特ダネ合戦」の近江俊郎が監督した風俗ドラマ。撮影もコンビの岩橋秀光

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

山田は銀座界隈のコールガール組織のボスだ。山田の名簿には未亡人明子、ビキニスタイルの珠子、人妻の佐和子をはじめとして種々な階級の女性の名が書いてあった。ある日、客引のカードにひかれてやって来た青田と赤井はそこでいつも飲みにいくバーのホステスあや子に会った。あや子は店を自分で持つために、内緒でコールガールを、しているのだった。また青田の相手はスポーツカー欲しさに、身体を売っているお嬢さんズべ公のマ子だった。一方山田は女子大生克子を金の力でくどきおとし、コールガールの中に引きいれた。そんなうちに、マ子と一夜をすごした青田はすっかりマ子にほれこみ、後を追いまわした。しかしマ子はもともと金のために身体を売ったドライな女、青田など眼中になかった。ある日マ子はためた金で買った車でドライブする途中、青田にみつかり、ハンドルをきりあやまってガードレールに追突して死んだ。一方克子は虚栄とアバンチュールを飼に次々と仲間を増やしていった。しかし、克子の自尊心はしんから堕落することができず、自殺した。組織のボス山田も、マ子の事故死、克子の自殺、そして客の証言などで足がつき、逮捕された。しかし生活のために、あるいは安易な享楽と欲望のためにコールガールは今日もまたネオンの海をさまようのだった。そこには、第二の明子、珠子の悲劇がまっているのだが。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1964年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 87
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 近江俊郎
脚本 柳沢類寿
企画 八木脩
撮影 岩橋秀光
音楽 近江俊郎
美術 黒沢治安
編集 金子半三郎
録音 関野任郎
スチル 花沢正治
照明 市川幸雄

キャスト

山田 南原宏治
佐和子 筑波久子
あや子 炎加世子
克子 宮裕子
ホステス 関千恵子
明子 仁木多鶴子
マ子 渚エリ
珠子 国景子
赤井 大辻伺郎
青田 天田俊明
あや子の夫 片山明彦
紳士 岡譲司
社長 須賀不二男
金助 中村是好
ボーイ 大泉滉
いなか紳士 南利明
いなか紳士 由利徹
トミー 中原功二
銀公 平野こうじ
みつ子 松浦いづみ
マダム 緋桜陽子
芸者 田中三津子
映子 広瀬美沙
ケイ子 西条ゆかり
婦警 扇町京子
秋田 江見俊太郎
宮川 本郷秀雄
黒田 永井達郎
男A 大原譲二
長崎 村田正雄
スタンド・ボーイ 青山良彦
大山 岩田レナ
コールガール 武部秋子
コールガール 加藤欣子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > この道赤信号