TOP > 上映中の映画作品を探す > おかあさんのばか

新人水川淳三南豊太郎が共同でシナリオを執筆、水川浮三が監督した人情もの。撮影は「ケチまるだし」の堂脇博

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

古田みゆきは、小学校教員の父と、友達のような、やさしい母の静江、そして兄の洋にかこまれて、幸せな毎日を送っていた。みゆきは、静江が気がつかない間に “大人の世界”に目をむけるようになった。近所の金沢さんの奥さんの出産間近いお腹を見ては疑問に思ったり、自動車会社につとめる井上が、隣りの千恵姉さんを秘に愛しているのも知っている。 みゆきは、学校の成績がいいのでたまには、親友のチビッコの宿題も見る。チビッコは、子供に理解のない家庭に育っている、劣等児なのだ。その頃、みゆきは、初潮をみた。不安におそわれるみゆきに、静江は、やさしく説き聞かせた。真夏のある日、静江は、千恵の母好子にすすめられて、区民水泳大会に、町内代表として出場した。昔、静江は、水泳の選手だったのだ。だが、静江は脳出血で水からあがると昏睡状態となって死亡した。やさしかったおかあさんを亡くしたみゆきと洋は、おかあさんのばかと泣き続けた。長田先生も、井上も、誰でも悲しみをのりこえて生きてゆかなければならないと言って聞かせた。その後井上は、南米の新工場に赴任することとなった。千恵にプロポーズしたがすでに、千恵は婚約しており、井上は寂しく旅立っていった。チビッコも、両親の離婚で、母親にひきとられて東北の片田舎に去った。さびしさのすっかりとれたみゆきは、六年生になって、今日もクラス委員として、主婦がわりとして、たくましく成長していた。

作品データ

製作年 1964年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 87
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 樋口清
脚本 水川淳三南豊太郎
監督 水川淳三
撮影 堂脇博
音楽 真鍋理一郎
美術 佐藤公信
照明 中田達治
録音 平松時夫
スチル 篠崎友克
編集 浜村義康

キャスト

古田茂 下條正巳
古田静江 乙羽信子
古田洋 深堀義一
古田みゆき 加納美栄子
金沢信也 高野真二
金沢民子 加代キミ子
坂本好子 織賀邦江
坂本千恵 榊ひろみ
長田先生 長門勇
伊田先生 中村雅子
吉沢先生 城戸卓
井上猛 三上真一郎
牧野みどり 藤本三重子
チビッ子 西田隆昭
チビッ子ジィヤンツ 平山清
チビッ子メガネ君 桜井道
大山五郎 朝海日出男
大山たみ 秩父晴子
大山二郎 中新井俊介
洋服の月賦屋 林家珍平
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/23更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > おかあさんのばか