映画-Movie Walker > 作品を探す > ガラスの動物園(1987)

経済大恐慌の時代、1930年頃のセント・ルイスを舞台に、その裏街のアパートでくりひろげられる3人家族の愛と葛藤を描く。テネシー・ウィリアムズの同名の戯曲の映画化で、製作はバート・ハリス、監督は「ハスラー2」のポール・ニューマンで監督としては6作目。撮影は「ハスラー2」のマイケル・ボールハウス、音楽はヘンリー・マンシーニが担当。出演はジョアン・ウッドワードジョン・マルコヴィッチほか。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (2)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

セント・ルイスの裏街にたたずむ荒れ果てたアパートに、船員姿のトム・ウィングフィールド(ジョン・マルコヴィッチ)がやってくる。彼はかつての思い出を、観客に向かって語り出す。アメリカが経済恐慌の嵐に見舞われた1930年頃、トムは、母アマンダ(ジョアン・ウッドワード)、2つ年上の姉ローラ(カレン・アレン)とともに、このアパートで細々と暮らしていた。父親は一家を捨てて、姿をくらましていた。つつましい暮らしであったが、昼はデパートで働き、家でもアルバイトをしている母親のアマンダの手がよく行き届いていて、暖かく落ちついた雰囲気があった。だが道徳家で子供たちには口うるさい。倉庫の事務員をし、映画が大好きで詩を書くことに生きがいを求めている息子のトムは、そんな母親をけむたがり、喧嘩ばかりしていた。一方足が不自由で極端なはにかみ屋で、古いレコードをかけながらガラス細工の動物たちを手入れしている時が最も幸せだという姉のローラに対しては、秘かにいたわりの目をもっていた。母の頼みもあって、トムは家に同僚の青年を招待する。ローラは青年と会ったとたんびっくりして全身を震わせた。彼こそ高校時代に胸ときめかせたあこがれの人、ジム・オコナー(ジェームズ・ノートン)だったからだ。食事の直後、家中が真っ暗になった。ロウソクの灯の下で、ジムはローラに劣等感をはね返せと励まし、甘い口づけをかわす。だが、ジムには婚約者がいた。母と娘の将来に対する夢はむなしく崩れ去った。トムは家をとび出して、船員になった。--そうして彼は、いま長い放浪生活から帰ったところだった。家には母や姉の姿はなく、全ては切なく、苦い思い出として残るばかりであった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 The Glass Menagerie
製作年 1987年
製作国 アメリカ
配給 コロムビア映画
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ガラスの動物園(1987)