映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 十三人の刺客(1963)

「十七人の忍者」の池上金男がオリジナル・シナリオを執筆、「若様やくざ 江戸っ子天狗」の工藤栄一が監督した時代劇。撮影もコンビの鈴木重平

3/5
総評価数 8
レビュー 1
投票 7
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (2)
星4つ 25% (3)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

弘化元年九月明石藩江戸家老間宮図書が老中土井大炊頭の門前で割腹し果てた。間宮の死は藩主松平左兵衛斉韶の暴君ぶりを訴えていた。斉韶は将軍家慶の弟君、この事件は時の幕閣を動揺させた。これに対し老中土井は、非常手段として御目付役島田新左衛門に斉韶暗殺を命じた。大事決行をひかえ新左衛門は十一人の協力者を集めた。新左衛門の知友倉氷左平太、三橋軍次郎、樋口源内、他十一人の強者達だ。暗殺計画は極秘裡に進められたが、この暗殺計画を事前にキャッチした人物がいた。鬼頭半兵衛、明石藩側用人千石の身分を自分で掴んだ傑物である。不詳事発生以来一ヵ月余、明石藩が突如参勤交代の途についた。行列を追う刺客団は、中仙道で奇襲作戦を練ったが、半兵衛の奇計にあい失敗に終った。新左衛門の計略は、斉韶が尾張を通る時、その尾張藩の通行を阻止すれば、勢力を削られた行列は新左衛門が襲撃の場所に選んだ落合宿に出る。落合宿は襲撃には絶好の要地だ。尾張藩通行を阻止する方法は、尾張藩木曽上松陣屋にかつて息子夫婦を斉韶に惨殺され、深い恨みを抱く牧野靭負がいる。倉永が早速松陣屋に飛び、他の刺客は落合宿へ急行した。郷士の倅木賀小弥太がこの計画に加わり、今は唯時を待つだけだった。運命の朝、深いもやの中を落合宿に乗り込んだ斉韶公以下五十三騎は、先ず真新しい高塀にさえぎられた。混乱の中、退路の橋が大音響と共にくずれ落ちた。五十三騎は、半兵衛の意志とは逆に障害物にはばまれて、刺客の誘導に乗っていった。十三人と五十三騎の死闘は続いた。虚しい死体の群の中に新左衛門、半兵衛の死体もあった。弘化元年斉韶参勤交代の途中発病、帰城と同時に死去と届けられた。

見たい映画に
登録した人
5

作品データ

原題 Thirteen Assassins
製作年 1963年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 125
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 玉木潤一郎天尾完次
脚本 池上金男
監督 工藤栄一
撮影 鈴木重平
音楽 伊福部昭
美術 井川徳道
照明 増田悦章
録音 小金丸輝貴
スチール 江崎洋
編集 宮本信太郎

キャスト

島田新左衛門 片岡千恵蔵
島田新六郎 里見浩太朗
倉永左平太 嵐寛寿郎
平山九十郎 西村晃
三橋軍次郎 阿部九洲男
木賀小弥太 山城新伍
佐原平蔵 水島道太郎
樋口源内 加賀邦男
堀井弥八 汐路章
小倉庄次郎 沢村精四郎
日置八十吉 春日俊二
大竹茂助 片岡栄二郎
石塚利平 和崎俊哉
おえん 丘さとみ
加代 富司純子
牧野靭負 月形龍之介
牧野妥女 河原崎長一郎
牧野千世 三島ゆり子
間宮図書 高松錦之助
間宮織部 神木真寿雄
間宮小浪 高橋漣
三州屋徳兵衛 水野浩
浅川十太夫 原田甲子郎
松平左兵衛督斉韶 菅貫太郎
丹羽隼人 北竜二
小泉頼母 明石潮
大野多仲 堀正夫
出口源四郎 有川正治
仙田角馬 小田部通麿
老中A 香川良介
語り手 芥川隆行
土井大炊頭利位 丹波哲郎
鬼頭半兵衛 内田良平

レビュー

政治的テロリズム時代劇の傑作

投稿者:晴耕雨読

(投稿日:2009/6/2)

 黒澤明時代劇のリアリズムによって完全にKOされた東映歌舞伎…

[続きを読む]

支持者:7人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 十三人の刺客(1963)