映画-Movie Walker > 作品を探す > 巨人 大隈重信

「妖僧」の八尋不二が脚本を執筆、「舞妓と暗殺者」の三隅研次が監督した伝記もの。撮影は「ぐれん隊純情派」の小林節雄

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

明治元年三月二十三日天皇に謁見する為、皇居に向っていた英国公使パークスの行列に二人の暴漢が襲いかかった。時を同じくして、長崎で国禁のキリシタン四千名を処刑しようとしたところ、教徒が外国公館に訴え列国は強硬な抗議をしてきた。誕生間もない新政府の命とりにもなりかねないこの二つの事件。この難局に、大隈重信は伊藤博文、井上馨の推挙によりあたることとなった。大隈三十一歳の時である。パークスの頑強な談判の前に“法律は他国の圧迫によって改められるべきでない”と論破する大隈の言は若輩ながら見事であった。事件の落着をみた翌年、大蔵、民部を兼任することになり妻綾子をめとった。しかし、大隈の欧米流の考えについてゆけない重臣達は事あるごとに彼の失脚を狙っていた。首席参議になった大隈は、藩閥政治の弊害を破り、憲法をつくり、国会を開設しようと奔走したが、これを敵視する政府をはじめ、親友伊藤までが、彼の罷免を決定した。これを知った世論は、大隈側についた。かくて政府は国民感情を鎮める為、政商保護を取消し、明治二十三年には国会を開設するという公約を発表した。これを時と大隈は野に下り、立憲改進党を組織し、早稲田専門学校を創立した。あらゆる苦難をのりこえた大隈の新事業も、時を経るにつれその真意はくまれた。明治二十一年、再び政界に入り不平等条約改正に着手した大隈の前に、反対派の声がはばんだ外国人判事に裁判権を持たしたという事に意を曲げているのだ。しかし信念を曲げない大隈の言論は、天皇の御裁可を戴き新条約は成立した。これをよしとしない右翼、玄洋社の壮士来島恒喜に大隈は狙はれ片足を失ったが、明治三十五年、早大創立二十周年の祝詞は、巨人大隈を讃えていた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1963年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 103
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 三隅研次
脚本 八尋不二
企画 川崎治直
撮影 小林節雄
音楽 斎藤一郎
美術 間野重雄
編集 中静達治
録音 飛田喜美雄
スチル 沓掛恒一
照明 泉正蔵

キャスト

大隈重信 宇津井健
伊藤博文 内藤武敏
井上馨 藤巻潤
黒田清隆 小池朝雄
山県有朋 高松英郎
西郷従道 石井竜一
三井子 瀧花久子
綾子 坪内ミキ子
三条実美 春本富士夫
岩倉具視 伊東光一
東久世通禧 中条静夫
木戸孝允 北城寿太郎
大久保利通 佐々木孝丸
畑剛造 石黒達也
北畠治房 杉田康
副島種臣 原田玄
田中 早川雄三
お玉 渋沢詩子
留吉 小山内淳
八王郎 三角八郎
お八重 三条江梨子
小野梓 神山繁
矢野文雄 北原義郎
犬養毅 千波丈太郎
尾崎行雄 風間圭二郎
高田早苗 長田健二
天野為之 遠藤哲平
藤田一郎 守田学
大石(学生) 川畑愛光
川上(学生) 森矢雄二
広井(学生) 当銀長次郎
長尾(学生) 石黒三郎
都留(密偵) 仲村隆
後藤象二郎 藤山浩二
中井弘 根上淳
松方正義 夏木章
福地源一郎 小原利之
小松帯刀 片山明彦
渋沢栄一 本郷功次郎
福沢諭吉 船越英二
山階宮 花布辰男
サトウ 岡田眞澄
来島恒喜 工藤堅太郎
近江屋 星ひかる
玄洋社々員 横山明
玄洋社々員 荒木康夫
玄洋社々員 森一夫
高木(医官) 大山健二
佐藤 細川啓一
江藤新平 武江義雄
板垣退助 津田駿二
大木喬任 山中雄司
本願寺の坊主 大塚弘
宮家の門衛 大辻伺郎
坂下門の門衛 大庭健次朗
明治天皇(十六才) 北川隆
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

ジョン・ウィック:パラベラム
ジョン・ウィック:パラベラム

最強の殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたキアヌ・リーブス主演のアクションシリーズ第3弾

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 巨人 大隈重信