映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 楽屋行進曲

米国で有名な二人組の寄席芸人チャールズ・エメット・マック氏とジョージ・モラン氏とが主演する全発声映画でオタヴァス・ローイ・コーン氏が書卸した原作をヘクター・ターンブル氏が改作し、「ブロードウェイ(1929)」の原作者でパ社東部撮影所で短編発声映画の監督をしていたジョージ・アボット氏が脚色並びに監督したもの。助演者は「女性の罠」「ブロードウェイ(1929)」のイヴリン・ブレント嬢、「恋愛行進曲」「君恋し」のハリー・グリーン氏で、フリーマン・ウッド氏、ヘレン・リンチ嬢、バート・スワー氏等も出演している。撮影は「恋愛行進曲」「踊る人生」のジェー・ローイ・ハント氏が担任した。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

寄席芸人のジョージは相棒がベティーに失恋してやめてしまったので、食い詰めて困っていた。チャーリーをその代りの相棒にした。彼等のマネジャーになったアーヴィングの献立てで彼等は当りを取り、2、3年後にはニューヨークで自分たちがスターとしてレヴュー一座を興行するほどになった。彼等は「二人の黒人」として名を知られていたが、ブロードウェイに自分達で劇場を建てようという念願で一生懸命に稼いだ。ある時稽古をしているところへ情夫を従兄に仕立ててベティーがやって来て、ジョージにうまく取入ってコーラス・ガールとなった。彼女の過去を知っているアーヴィングは苦々しく思ったがジョージは彼女を雇うことに決めてしまった。彼等の新演目は大当たりであった。ベティーは手練手管を用いてジョージに彼女が惚れているように思わせたので、有頂天になったジョージは宝石やお金を彼女に無茶苦茶に与えた。ベティーは図に乗って彼女の情夫が持っている石油株を高価にジョージに売り付けようとかかった。チャーリーとアーヴィングは遂に最後の手段としてベティーを首にしてジョージの迷いの夢を醒まさせようとした。チャーリーがベティーを首にしようと知ったジョージは彼と争いを始めた。そこへベティーの情夫がやって来ていきなり花瓶でチャーリーをなぐり倒した。その夜自分が如何に愚かであったかを悟ったジョージはチャーリーが大怪我をして面会謝絶中であることを知った。翌晩アーヴィングに直ぐ病院へ行ってくれと頼まれたジョージは舞台半ばに駆付けた。そしてチャーリーが未だに昏睡していると聞いたジョージは舞台でやる様にチャーリーに話かけたこのせりふを聞いたチャーリーは意識を回復した。そしてジョージがベティーと手を切ったことを知った彼等は元通りの仲となった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Why Bring That Up
製作年 1929年
製作国 アメリカ
配給 パラマウント
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 楽屋行進曲