映画-Movie Walker > 作品を探す > 九ちゃん 刀を抜いて

岡本一平原作“刀を抜いて”の映画化で、無声映画時代・昭和四年に日活シネマとマキノプロで共作されたことがある。脚色は、城のぼる吉川透。「八州遊侠伝 男の盃」のマキノ雅弘が監督した歌謡喜劇。撮影は「狐雁一刀流」の山岸長樹

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

飯を喰うのが面倒臭いとぬかす大変なものぐさ三五郎はとうとう親に勘当された。親父の真ッ赤にサビた長脇差を腰に三五郎。ものぐさとしては大変な決心で侠客になるべく江戸に向った。江戸に着いて三五郎早速幡随院長兵衛の一の仔分、唐犬権兵衛と旗本白柄組の阿部四郎五郎の喧嘩に度肝をぬかれた。すっかりコーフンした三五郎、パーッとしたことをやろうと辻斬を始めた。ところが、かかった相手は唐犬権兵衛、ところが権兵衛何を思ったか、カワイイ顔して脇差を振りまわす三五郎を仔分にした。幡随院長兵衛は白柄組の水野十郎左が吉原の人気花魁高窓太夫の許へしげしげと通っているのが面白くなかったので、この三五郎を対抗馬として出すことにしたのである。ところが高窓、この三五郎の純なところに一目惚れ、十郎左、たかが三下野郎にと焦ったがもうおそい、高窓と三五郎アツアツになってしまった。高窓は元は小身ながら、旗本の娘で父小坂庄兵衛が沢庵禅師を見失なった責を負って切腹した時以来、生別れの妹お礼がいたが、その妹は今はお光と名を変えて養父網七の借金のカタに阿部四郎五郎に売られようとしていた。そうと聞いた三五郎、四郎五郎の手からお礼を救わんと、親分権兵衛の手を借りようとするが一家は白柄組とのガマン会でだめ、それならと三五郎一人でお礼を救出に向い、無茶苦茶剣法でお礼を助け出した三五郎を、白柄組は一斉に後を追った、三五郎の危機を聞いた長兵衛一家は、ガマン会を中止、脇差を持って立上った。雪の大江戸に血の雨がふらんとした時、仲裁に入ったのが沢庵禅師、おかげで喧嘩は丸く収ったが、収まらないのは高窓とお礼姉妹、親の仇と詰め寄った。自分に非ありと悟った沢庵は、自分で作り出した漬物の造り方の秘伝を妹姉に伝授してカンベンしてもらった。いまや江戸名物として大変な賑いの東海屋こそ、三五郎、高窓夫婦とお礼で始めた沢庵漬本舗なのである。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 1963年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 87
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 マキノ雅弘
原作 岡本一平
脚色 城のぼる吉川透
企画 小川貴也佐伯明
撮影 山岸長樹
音楽 中村八大
美術 吉村晟
編集 宮本信太郎
録音 矢部吉三
スチール 諸角義雄
照明 前田光秋

キャスト

三五郎 坂本九
出鱈目の半二 常田富士男
幡随院長兵衛 進藤英太郎
唐犬権兵衛 東千代之介
水野十郎左 大村文武
阿部四郎五郎 原田甲子郎
我孫子善十郎 中村時之介
池田勘兵衛 林彰太郎
沢庵禅師 西村晃
高窓太夫 南田洋子
お光 九重佑三子
勧兵衛 水野浩
お才 高橋とよ
網七 織田政雄
網七の女房 岡田艶子
小坂左兵衛 有島竜司
那須伸太朗
蝶七 利根川弘
仔分A ダニー飯田
仔分B 上野保夫
仔分C ジョージ大塚
仔分D 石田智
侍A 佐野修
侍B 増田多夢
侍C 大城泰
侍D 伊吹幾太郎
侍E 中村錦司
旅の男 名護屋一
茶店の親爺 片岡半蔵
茶屋の女 岡村佐代子
楼主 熊谷武
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 九ちゃん 刀を抜いて