映画-Movie Walker > 作品を探す > 伊賀の影丸

週刊少年サンデー連載・横山光輝原作の同名漫画を「江戸忍法帖 七つの影」の高田宏治が脚色、「鷹天皇飄々剣 吉野の風雲児 大江戸の対決」の小野登が監督した忍者もの。撮影は「柳生武芸帳 片目の十兵衛」の脇武夫

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

天下を狙う明智光秀は信長を暗殺、ついで甲賀七人衆を使って家康を狙った。七人衆に殺された伊賀の頭領百地三太夫の遺言を守って、その子影丸は家康の許へ向った。堺を脱出した家康は待ち伏せた邪鬼達七人衆の襲撃に危うかったが、愛馬疾風と駆けつけた影丸が斬り込む中、伊賀のかくれ家神山へ逃れた。邪鬼たちの囲みを破った影丸が神山に着いた時家康の姿はなく、単身浜松へ向ったことを聞かされた。山道を行く家康に影丸が追いついた時、今や打倒影丸の執念に燃えた邪鬼達が攻撃をかけてきた。応戦する影丸は三人を倒してひるむ邪鬼に木の葉がくれを放ち、家康と共に姿を消した。道を急ぐ影丸の一行、行手に異様な煙が立ちのぼりすぐさま邪鬼の挑戦だと知った影丸はそれに応じた。姿を消した邪鬼を追って影丸は水中へ、息の続かぬ影丸めがけて水面に毒煙をふく一味。水中ではかなわぬと大地でまちうける影丸、燃えあがる水面をけって空中へ舞い上がる邪鬼、同時に大地を蹴る影丸、その一瞬影丸の刃が邪鬼を突き刺した。晴れた日、疾風にまたがった影丸と家康は浜松へ向っていた。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 1963年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 69
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 小野登
原作 横山光輝
脚色 高田宏治
企画 森義雄安田猛人
撮影 脇武夫
音楽 阿部皓哉
美術 中村美登
編集 河合勝巳
録音 小金丸輝貴
スチール 諸角義雄
照明 徳永進

キャスト

伊賀の影丸 松方弘樹
お手玉の甚作 羽柴久
大八 斎藤信男
小夜丸 小谷悦子
右京 御影京子
百地三太夫 高松錦之助
徳川家康 北龍二
茶屋四郎次郎 有馬宏治
本多忠勝 近江雄二郎
阿魔野邪鬼 山城新伍
半助 吉田義夫
半太夫 波多野博
十兵衛 阿波地大輔
五郎兵衛 楠本健二
くも丸 団徳麿
犬丸 浅野光男
森近江守 津村礼司
伝騎 佐藤洋
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 伊賀の影丸