映画-Movie Walker > 作品を探す > 怪談 鬼火の沼

「剣に賭ける」の浅井昭三郎が脚本を執筆、「抜打ち鴉」の加戸敏が監督した怪談もの。撮影は「人斬り市場」の竹村康和

3/5
総評価数 2
レビュー 2
投票 0
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

江戸、初夏のある夜。職権を濫用していた御数寄屋坊主頭宗伯は、あやういところを甥の戸畑敬助に救われた。それから一年。極道者の敬助は遊びの金につまるたびに宗伯から無心していたが、財布のヒモはかたくなる一方、また宗伯の妾お蓮との関係を察知されたのではないかとうたがっていた。そこでいっそのことと湯室の煙突を密閉して宗伯を燻り殺そうとしたが、死んだのは意外にも侍女の八重だった。その夜、八重の兄と名乗る役者稼業の清蔵が妹の安否をたしかめにやって来た。そこで敬助は遊び仲間の仁科三郎太と計って清蔵を殺して古井戸に投げ込んだ。奇怪なことがはじまったのはそれからのこと。殺したはずの清蔵が敬助の家にあらわれたり、夜毎に八重の亡霊が出るというのである。おじ気づいた宗伯は三郎太を用心棒にやとい、三郎太は芝居小屋に清蔵をたずねた。すると、芝居小屋には清蔵という役者がふたりいたという。あやしい糸にあやつられた三人は、八重を沈めた沼のほとりにさそいだされるが、そこで八重の亡霊にさんざんの目にあわされた。一夜あけてまた夜、宗伯のまえにあらわれた血まみれの清蔵のため宗伯は半狂乱となった。一方、清蔵の亡霊は敬助らの部屋にもあらわれ、狂気となった敬助はあやまってお蓮を斬り、半狂乱の宗伯をも斬った。悪人たちの血みどろの斬りあいは夜ふけまでつづいたのだった。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 1963年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 78
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 加戸敏
脚本 浅井昭三郎
企画 高森富夫
撮影 竹村康和
音楽 高橋半
美術 神田孝一郎
編集 西田重雄
録音 近藤正一
スチル 三浦康寛
照明 斎藤良彰

キャスト

仁科三郎太 城健三朗
清蔵 丹羽又三郎
戸畑敬助 小林勝彦
お蓮 近藤美恵子
八重 高野通子
左官平太 中田ダイマル
左官凡吉 中田ラケット
柳田惣兵衛 山路義人
篠原甚左衛門 浜村純
複本宗伯 沢村宗之助
楽屋番の親父 天野一郎
若党左平次 浜田雄史
おせき 浦辺粂子
別の清蔵 井上武夫
おせん 戸村昌子
おらく 三藤愛子
おみね 里見弥生

レビュー

お化け屋敷感覚で見ると…

投稿者:ゆーみんぱぱ

(投稿日:2008/9/7)

痛い目に合うかもしれませんよ 怖さはとりあえず棚上げに…

[続きを読む]

支持者:1人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
世界から希望が消えたなら。
世界から希望が消えたなら。

赤羽博監督がメガホンを取り竹内久顕が映画初主演する余命宣告を受けたある男の物語

ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 怪談 鬼火の沼