TOP > 映画作品を探す > 煙の王様

三十七年度芸術祭受賞テレビドラマ、生田直親原作を根岸正と「俺は死なないぜ」の原源一が共同で脚色、樋口弘美が第一回監督した社会ドラマ。撮影は「何か面白いことないか」の間宮義雄

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ここは煙突の林立する工場街、この街の住人達はたくましく生活していた。鉄工所で働く一彦もそんな一人だった。一彦の一家は廃棄処分になった三等列車を改造して住んでいた。貧しさに暗くなりがちな家庭を明るくしているのが一彦の弟で、ポパイと渾名のある三明だ。そんなある日、一彦が仕事中大ケガをした。一家の働き手を失い母親は困ったが、ポパイはなにかとアルバイトをして一家を助けた。一彦は快方に向い退院した。しかし彼は工場をやめさせられ、足も完治するまで大分かかると聞いてヤケになった。一彦は家を出てしまい、歌手河田の家で働く恋人郁子の紹介で、河田のバンドボーイになった。ところが一彦の家は引込線拡張のため立退きを迫られていた。母が是非一彦に戻って貰いたいと考えていると察して、ポパイは兄を捜しはじめた。やっと郁子を見つけ兄のことを頼んだ。いよいよ明日は一家が強制執行されるという日、ポパイだけが一彦はかえってくると言い張っていた。その頃、河田の家では河田が郁子に挑みかかっていた。ちょうど戻った一彦が彼女を助け、二人は河田の家を飛び出した。まだ家へ帰る決心のつかなかった一彦は心からの郁子の説得で、自分の行動の誤りを悟った。郁子も一緒に住むことになり、希望に燃える一彦の一家は、新しい家へと移って新生活へのスタートをきった。

作品データ

製作年 1963年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 99
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 大塚和
原作 生田直親
脚色 根岸正原源一
監督 樋口弘美
撮影 間宮義雄
音楽 鏑木創
美術 千葉一彦
照明 三尾三郎
録音 神保小四郎
スチール 式田高一
編集 鈴木晄

キャスト

百々山加代 奈良岡朋子
百々山一彦 浜田光夫
百々山三明 市川好朗
百々山国子 工藤富子
百々山末子 小野崎博敏
武藤甲吉 殿山泰司
武藤華子 田山まり
津川郁子 十朱幸代
河田清作 大町文夫
河田徹夫 杉山俊夫
今西克子 阪口美奈子
斎藤 梅野泰靖
石田次郎 麦人
工場長吉川 小沢栄太郎
シャモ 山室公男
カッパ 森坂秀樹
ツキ見 小園江五
ヨツメ 岡本信人
カン助 菅野直行
機関区長 嵯峨善兵
組立工場主任 小泉郁之助
スクラップ工場長 小沢昭一
スクラップ工場男A 青木富夫
スクラップ工場男B 黒田剛
バンドマンA 柳瀬志郎
バンドマンB 高緒弘志
バンドマンC 木下雅弘
バンドマンD 浜口竜哉
木村 日野道夫
車掌 渡辺節子
店員 坂巻祥子
そば屋 衣笠真寿男
村山一彦 糸賀靖雄
さき 福田トヨ
なみ江 後藤栄子
労働者 東郷秀美
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/8更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 煙の王様