映画-Movie Walker > 作品を探す > 黒の死球

オール読物所載・高原弘吉原作“あるスカウトの死”を「やっちゃ場の女」の田口耕三が脚色、「殺陣師段平(1962)」の瑞穂春海が監督した推理もの、“黒”シリーズの七作目である。撮影は「黒の報告書」の中川芳久

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ルビースのスカウト柏木は、高校随一の左腕投手菊川を獲得した。喜びも束の間、先輩スカウト、イーグルスの浜田の死を知った。警察は断崖下で発見された浜田を菊川獲得失敗からの自殺と断定した。柏木は自殺説を信じなかった。浜田の娘しず枝は、遺品中に女物の高級時計購入の領収書を発見したが、実物は見あたらなかった。そんなしず枝にレントゲン写真が届いた。浜田の頼んだもので、骨折した男の左腕だった。過日、菊川はケガをしていたので行ってみたが菊川は回復していた。偶然バアで柏木は浜田の時計ナルダンをしているユカリという女をみつけた。翌日、柏木はユカリを訪ねたが、彼女は失踪していた。柏木はかつて浜田が、108米の遠投記緑うんぬんといったのを思い出し、早速県の体育課で調べた。やっとその男が竹村健太郎と判明した。健太郎は骨折していた。柏木は、たくみに健太郎を診断したのは外科医の犬塚だと聞き出した。しかし犬塚はこれを否定した。柏木は菊川を彼に紹介した教師羽田野の叔父がこの犬塚であること、さらに健太郎の姉がユカリで本名は伸子だという事実を掴んだ。浜田は健太郎を狙ったのだ。伸子は浜田に惹かれていった。伸子を愛している波田野は浜田を憎んだ。菊川の件で欲の出た羽田野は、後輩健太郎でも一儲けを企んだ。そして羽田野は、健太郎骨折の芝居を書いて条件の悪い浜田に断念させようとした。浜田はあきらめなかった。このため羽田野はいつも静岡に泊る浜田をうまくだまして、自分の母の経営するへんぴな温泉地へ呼び出し殺害した。すべてを羽田野は自白した。同時に病魔に冒されていた彼は喀血して果てた。柏木はしず枝と結婚の約束をかわした。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1963年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 83
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 瑞穂春海
原作 高原弘吉
脚色 田口耕三
企画 原田光夫
撮影 中川芳久
音楽 池野成
美術 山口煕
編集 鈴木東陽
録音 三枝康徐
スチル 沓掛恒一
照明 泉正蔵

キャスト

柏木茂久 宇津井健
浜田信一 河野秋武
娘しず枝 藤由紀子
菊川浩 倉石功
父浩三 春本富士夫
叔父浩助 遠藤哲平
羽田野透 神山繁
芦沢 杉田康
お芳 村田扶実子
竹村伸子 近藤美恵子
弟健太郎 風間圭二郎
祖母そで 浦辺粂子
末松 北原義郎
西尾 大山健二
犬塚 菅井一郎
滝井 花布辰男
河上 早川雄三
岸本 丸山修
お増 三島愛子
坂口 酒井三郎
八郎 渡辺鉄弥
捜査係長 村上不二夫
刑事 杉森麟
ハル子 藤野千佳子
旅館主人 伊達正
京子 花井弘子
女給A 田中三津子
女給B 池上多加子
時計屋の主人 小原利之
スカウトA 槙俊夫
スカウトB 隅田一男
スカウトC 網中一郎
スカウトD 山中雄司
スカウトE 津田駿二
看護婦 小笠原まり子
中年の巡査 原田玄
教務主任 此木透
教員A 竹内哲郎
小使 小杉光史
老いぼれ運転手 中田勉
スポーツ記者A 飛田喜佐夫
スポーツ記者B 丸井太郎
スポーツ記者C 吉葉千太郎
スポーツ記者D 飯塚昌二
スポーツ記者E 長田健二
ウエイトレス 大西恭子
警官A 沢善郎
女事務員 高山京子
タクシーの運転手 志保京助
銀座バーのマダム 市田ひろみ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 黒の死球