TOP > 上映中の映画作品を探す > 青島要塞爆撃命令

「太平洋の翼」の須崎勝弥が脚本を執筆、「ニッポン無責任野郎」の古沢憲吾が監督した航空活劇。撮影は「にっぽん実話時代」の小泉福造

4/5
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

第一次世界大戦の頃、ドイツは青島にアジア政策の拠点として、ビスマルク要塞を築いた。連合軍の懇請により日本は陸、海、空軍を派遺した。こちらは追浜航空研究部。大杉少佐、国井中尉、二宮中尉、真木中尉達は、フランスから買ったファルマン機の飛行に余念がなかった。大杉に出動命令が下り、飛行機二機を積んだ若宮丸は膠州湾目ざして出動した。その途中、わが艦隊の根拠地に寄り、長官の指示を受けた。そして霊山島に基地を設けた。霊山島で真木は、日本兵に乱暴されそうになった中国娘白麗を助けた。ところが白麗は恋人と若宮丸爆破を図った。恋人は殺され白麗も銃殺と決ったが、女だからと命を助けられて追放された。ある日、大杉達二機は敵中に乗りこんだが、貧弱な爆弾では役に立たなかった。突如真木、二宮の乗る一機が煙をはき敵の領地内に不時着した。二人はうまく逃れ中国民家にかくれたがとらわれた。ドイツの独房に入れられたが、そこで敵の士官と一緒の白麗を見た。その頃司令部でも総攻撃決行を指令されていた。一方二宮と真木は護送される途中白麗の助けもありうまく敵を倒して脱出に成功したが、逃げる途中、吊橋がおちて三人は激流にのまれた。戦死したと思われた真木が一人帰り、ビスマルクの砲台の秘密を知った大杉は、単独攻撃を決意した。しかしそれには地上の補給隊と連絡して、ドイツ領内で飛行機にガソリンと弾を積まなければならなかった。あらゆる難関を突破してたどりついた所は、はてしないどろ沼だった。そこへ若宮丸が爆沈して今や一機となったファルマン機が現れ、どろ沼に到着した。沼だらけの爆弾を積んで出発した。上空に舞い上った真木はビスマルク砲台を攻撃、みごと爆砕した。

作品データ

原題 Siege of Fort Bismarck
製作年 1963年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 99
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 田中友幸
脚本 須崎勝弥
監督 古澤憲吾
撮影 小泉福造
音楽 松井八郎
美術 北猛夫
照明 金子光男
録音 伴利也
スチール 岩井隆志
編集 黒岩義民
整音 下永尚
助監督 梶田興治
音響効果 知久長五郎
製作担当者 中村茂
衣裳 鈴木身幸
記録 小林孝子
特技監督 円谷英二
特技撮影 有川貞昌富岡素敬
光学作画 幸隆生
光学撮影 真野田幸雄徳政義行
特技美術 渡辺明
特技照明 岸田九一郎
合成 向山宏
合成撮影 三瓶一信
特殊機械 中代文雄
特技小道具(火薬) 山本久蔵渡辺忠昭
石膏 利光貞三安丸信行
特技製作担当者 小池忠司
特技助監督 中野昭慶

キャスト

真木中尉 佐藤允
二宮中尉 夏木陽介
国井中尉 加山雄三
庄司候補生 伊吹徹
大杉少佐 池部良
揚白麗 浜美枝
趙英俊 成瀬昌彦
加藤長官 藤田進
戸田大尉 柳谷寛
吉川大尉 平田昭彦
太田兵曹 堤康久
村田参謀 田崎潤
艦隊参謀A 清水元
艦隊参謀B 野村浩三
艦隊参謀C 大友伸
警備隊の当直下士 広瀬正一
補給隊員A 若松明
補給隊員B 山田彰
牛車の親方 左卜全
初老の男 佐田豊
男の子 金子吉延
ベルグ中尉 ロルフ・ジェサップ
ランゲ大尉 ウェルナ・ヴェンツ
獄房の番兵 オスマン・ユセフ
列車の警乗兵 ギュンタ・ロメナス
機関手 エリー・ランツマン
見張所の監視兵 ジェシー・イューネン
英軍司令官 ハロルド・コンウェイ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 青島要塞爆撃命令