映画-Movie Walker > 作品を探す > 江戸無情

読売新聞連載・富田常雄原作を「新・座頭市物語」の犬塚稔と「中山七里」の松村正温が共同で脚色、「人斬り市場」の西山正輝が監督した時代活劇。撮影は「影を斬る」の武田千吉郎

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

寺社奉行脇坂淡路守は谷中の延命院に暗い影があることを知った。延命院は将軍家の帰依も厚く、多くの信者を集めていたが、実は納所坊主柳全の操る美男僧日道に魅せられた大奥女中たちの愛欲のねぐらと化していた。淡路守の秘命によって大奥へ密偵に入ったつやは脇坂家の腰元で、名越兵馬という恋人がいる。兵馬の親友で町方同心鏡源次郎が追う赤アザの浪人近藤辰之助は、柳全の手先となっていながら柳全をゆする悪党だ。つやが中臈初瀬の使いで単身延命院に日道を訪れた夜、彼女は日道に犯されながら、大奥女中の秘密を握る恋文を手にすることができた。淡路守はこれを証拠に延命院に手入れを命じた。日道らは捕まったが辰之助一人だけは逃れ去った。ある夜、兵馬との愛情にひびが入り汚れた体を恥じたつやは自殺を図ったが失敗した。悶悶とする兵馬は永の暇を願って淡路守の許から去っていった。やがて延命院事件の評定が決った。日道は死罪、柳全は晒刑、風儀を乱した大奥女中は無罪となった。完全粛清を目的とする淡路守はこの処置に断固反対した。ために老中土井大炊頭は失脚、奥女中初瀬は自殺した。僧侶の腐敗大奥の紊乱を一掃した淡路守は寺社奉行を辞した。つやは淡路守の暖かい擁護のもとに、体と心の傷を下屋敷で癒していた。兵馬は源次郎と行きつけの小料理屋「万太」の看板娘お蔦のところに入りびたりとなっていたが、つやのことを忘れられずにいた。一方、辰之助は柳全を殺して金を奪い、追ってきた宇津木をも斬り倒すという悪業を重ねていた。寺社奉行を辞した淡路守は、国表竜野に帰藩することになった。つやを忘れることのできない兵馬は淡路守の行列を追った。そんななかに、江戸に身の置き所を失った辰之助が、淡路守の行列に斬りこんできた。これを知った兵馬は疾風のごとく辰之助の凶刃の前に立った。よろこんだつやが、二人の前にとびだしたため辰之助の刃に浅傷を負った。辰之助は淡路守に倒された。数刻して、淡路守の行列を見送る兵馬とつやの幸福そうな姿があった。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 1963年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 85
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 西山正輝
原作 富田常雄
脚色 犬塚稔松村正温
企画 辻久一宮田豊
撮影 武田千吉郎
音楽 斎藤一郎
美術 内藤昭
編集 宮田味津三
録音 大角正夫
スチル 小牧照
照明 加藤博也

キャスト

脇坂淡路守 長谷川一夫
名越兵馬 津川雅彦
つや 坪内ミキ子
りせ 近藤美恵子
お蔦 千之赫子
松尾 阿井美千子
近藤辰之助 天知茂
宇津木三郎 松本錦四郎
鏡源次郎 丹羽又三郎
日道 島田竜三
松平伊豆守 柳永二郎
柳全 沢村宗之助
土井大炊頭 嵐三右衛門
初瀬 浜世津子
沢村源之助 高倉一郎
角蔵 寺島貢
山田玄蕃 荒木忍
久田縫頭 石黒達也
万太 水原浩一
井上美濃守 玉置一恵
松平兵庫守 原聖四郎
小平次 沖時男
参詣人一 藤川準
幸助 愛原光一
参詣人三 高原朝子
浪代 高森チズ子
山里 里中位子
参詣人二 高木峰子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 江戸無情