TOP > 映画作品を探す > この首一万石

「王将(1962)」の伊藤大輔が自作を脚色・監督した残酷時代劇。撮影は「いれずみ半太郎」の吉田貞次

5/5
総評価数 2
レビュー 1
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

人入れ稼業井筒屋の抱え人足で槍奴ぶりが評判の伊達男、権三と浪人者凡河内典膳の娘ちづはかねてからの恋仲だが、娘の夫は武士でなければという典繕の一徹さのために結婚出来ないでいた。そんなことから権三は武士になりたいと願うようになった。ある日、井筒屋に小大名小此木藩から九州へ帰国のための人足を雇いたいという注文が舞い込み、権三は仲間の助十たちと旅に出ることになった。ちづと変らぬ愛情を誓い合い旅に出た権三は、宿で仲間たちから女遊びを誘われても一人宿に止まるのだった。その翌朝、はずみで権三は足の生爪を剥いでしまい行列に落伍することになった。一人旅の権三はのんびり三島の宿にたどりついたが、宿場女郎ちづるがちづと瓜二つなのを知った。有頂天の権三は本陣に槍を立てて務めを終えると、先刻の遊女屋へ引きかえしていた。その頃本陣では、小此木藩の一行と後から到着した渡会藩の行列とがハチ合わせするという事件がもち上っていた。渡会藩が大藩の威力で本陣の明け渡しを申し出たことから小此木藩も対抗上東照神君由来の名槍阿茶羅丸を捧げての道中であると、でまかせの口実で拒んだものの渡会藩の賄賂政策にあっさりその申し入れを受けて脇本陣へ移っていった。ところが、阿茶羅丸だという槍が権三が立て掛けたままになっていたので、渡会藩は小此木藩の芝居に気づいて責任者の切腹を要求した。のっぴきならなくなった重臣たちは身代りの下郎の首で急場を凌ごうと決めて、かねてから武士への憧憬を語っていた権三に目をつけた。遊女屋から連れ戻された権三は、武士の姿に整えられていく自分の姿を眺めてたあいなく喜んでいた。しかし権三の夢は儚なく消えた。いつのまにか白刃に取りまかれている自分と、武士の世界の醜い裏側を見せられた権三だった。がむしゃらの抵抗を試みる権三に武士たちの刃が執拗に迫った。人足たちも権三を救おうと問題の槍を渡会藩から取り戻したのだが、追いつめられて町に飛び出し傷ついた獣のような権三に、代官所の鉄砲は非情に火を吹いた。翌朝の東海道は、何事もなかったように富士の白雪が美しく輝いていた。

作品データ

製作年 1963年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 93
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 杉井進新海竹介
原作 伊藤大輔
脚色 伊藤大輔
監督 伊藤大輔
撮影 吉田貞次
音楽 伊福部昭
美術 桂長四郎
照明 中山治雄
録音 藤本尚武
スチール 福田晃
編集 宮本信太郎

キャスト

槍の権三 大川橋蔵
助十 大坂志郎
半七 堺駿二
与八 松川清
六助 名護屋一
次郎作 五里兵太郎
九蔵 島田秀雄
仁平 藤本秀夫
大野十郎兵衛 原田甲子郎
大坂伴内 佐々木孝丸
此村多仲 河村満和
山添志津馬 水原弘
岡部勝之進 原健策
菅田万騎太 河野秋武
千々岩旦理 神木真寿雄
峰一角 汐路章
池津内蔵太 香川良介
助川助右衛門 藤原釜足
小沼源八郎 藤木錦之助
垂水平蔵 浅野光男
安長 吉田義夫
高吉 高根利夫
浅吉 泉好太郎
伝兵衛 北村英三
喜太 時田一男
弥五 大東良
猪之 南方英二
凡河内典膳 東野英治郎
佐次兵衛 近松竜太郎
お富 久我恵子
お弓 富永佳代子
おれん 紫ひづる
お藤 小笠原慶子
丈八 瀬川路三郎
お増 赤木春恵
喜平次 源八郎
彦作 佐々木松之丞
御所内 平幹二朗
市村 小田部通麿
仁科 兼田好三
高並功
ちづ 江利チエミ

レビュー

大傑作

投稿者:hey

(投稿日:2016/9/5)

大川橋蔵と江利チエミ、最悪の組み合わせかと思いきや、これがす…

[続きを読む]

支持者:1人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/4更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > この首一万石