俺の背中に陽が当る|MOVIE WALKER PRESS
MENU

俺の背中に陽が当る

1963年4月7日公開,98分
  • 上映館を探す

渋谷健の原作を佐原靖郎と中平康が共同で脚色、「泥だらけの純情(1963)」の中平康が監督した青春ドラマ。撮影は「非行少女」の高村倉太郎。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

健三、滋の兄弟はビルの窓を磨くガラス拭きである。健三はかつてはやくざの世界でならした男であったが、いまは一粒種の康夫を中心に明かるい家庭を築いていた。ある日、ビルの置時計が盗まれ前歴を調べられた健三はクビになった。折も折、もといた山田組から小谷の使いというチンピラの透が来て、帳簿をみて貰いたいという。小谷は現組長山田を抹殺しボスの座に直る企みであったが、稼ぎのなくなった健三には札束が魅力だった。彼等の巣窟の地下室で健三は脱税のための帳簿をつくってやり、その後チャイニーズモーゼルの射ち方を教えてくれと頼まれ、標的の麻袋を鮮やかな早射ちでぶち抜いた。その夜健三の部屋には久しぶりに明かるい笑いがもれ、滋は恋人の朝子と仲の良いところを見せてひやかされていた。その頃、山田のアパートの前に蜂の巣となった山田の死体がおかれ傍にはチャイニーズモーゼルが落ちていた。康夫にせがまれて出かけた映画館の前で健三は逮捕された。だが、突然チンピラの透が組長の仇と躍り込み、健三は背後からナイフで突かれた。駈け寄った滋に健三は「俺じゃない」といって息を引きとった。警察への陳情、透との対決もすべて空しいと知った滋は、兄の汚名を雪ぐべく立ち上った。数日後、滋は小谷の事務所にのりこみ、半殺しにあった後小谷から盃を貰った。滋の活躍は華々しく、警察に留置されることもしばしばで小谷はゴキゲンだった。滋はふとしたことでウスノロのチンピラから山田殺害の真相を聞いて憤然とした。それを感づいた小谷は滋を地下室に監禁した。裏切者の子分を滋に射殺させて高飛びする計画の小谷は、康夫を楯に拳銃を握らせた。滋が一瞬のスキをみて電灯を吹きとばし、浅ましい仲間同士の射ちあいとなった。パトカーが到着した時、小谷は死んでいた。真相の一切も小谷の情婦エマがすすんで白状した。

作品データ

製作年
1963年
製作国
日本
配給
日活
上映時間
98分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • タキサン

    4
    2015/6/24

    中平康のコメディタッチが冴えた映画。東京オリンピックの前年で、首都高速道路建設のためにぶるとーざーで民家が壊される点景や、最後に電灯が消えた時に、アタッシュケースの現金を狙ってん構われをするシーンなど、浜田光夫主演を生かして監督が自分の世界を作ってしまった。快作ですよ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告