TOP > 上映中の映画作品を探す > 安来ぶし道中

大川久男と「山麓」の監督瀬川昌治が共同で脚本を執筆、瀬川昌治が監督したサラリーマン喜劇。撮影もコンビの飯村雅彦

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

出雲観光社と団体旅館「大黒屋」、これが清水次郎長社長の経営する二つの会社である。つまり、出雲観光のお客をそのまま「大黒屋」へ送り込むという仕組み、森川石松社員の口も八丁手も八丁の応対振りにお客さんもいたく御満悦という次第である。さて、妻を失ってから十三年操を守り続けてきた次郎長社長がぞっこんほれ込んだまり千代という可愛い芸者がいる。このまり千代たちの芸者組合が出雲へ安来節コンクールへ参加するとあって、ガイドを勤める石松を口説き、石松には○○キャラメル主催の綴方コンクールに入賞して、岩手県の山奥から出てくる小学生六名の招待旅行を彼に押しつけた。学校一のガキ大将だが母と生き別れという孤独な三平を始めとして子供たちはいずれもワンパクざかり、それにズウズウ弁でポンポンまくしたてる女教師の白木澄江。旅行第一日の東京見物は惨たんたる有様で石松は苦情の受けつけに四苦八苦、その上、彼等は澄江を田舎へ追い返したので、石松は重い頭をかかえながら一行を連れて西へ。時を同じくして次郎長社長も芸者衆を案内して東京を発った。舞台は移り広島へ、子供達にからむ愚連隊を打ちのめして人気集中の石松のところへ、国から澄江が駈けつけて来た。三平の母が松江にいることが判ったというので、石松は独断で九州行きの予定を変更、松江に直行したのだが、三平の母は一杯飲み屋の女だったのである。石松たちは三平を励ましながら、三造温泉で次郎長一行と落ち合った。次郎長はいざ愛の告白の寸前、まり千代から市役所に勤める青田との結婚を宣言されてガックリときていた。その時、スポンサーが、予定の変更を怒ってどなりこんできた。主催者の要求が子供を宣伝に使おうという汚ない魂胆と判って石松はカンカン、次郎長社長も石松の意気に感じて、子供達を出雲観光の招待で九州の涯までも案内すると言い切ったから皆は大喜び。折柄、松江城前広場では安来節コンクールで賑わっていた。その騒音を逃れた石松と澄江は、宍道湖畔で唇を交し合った。全ては出雲の神さまのお加護だ。

作品データ

製作年 1963年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 91
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 秋田亨
脚本 大川久男瀬川昌治
監督 瀬川昌治
撮影 飯村雅彦
音楽 松井八郎
美術 北川弘
照明 原田政重
録音 小松忠之
スチル 田中牧夫
編集 祖田富美夫

キャスト

清水次郎長 進藤英太郎
森川石松 中村嘉葎雄
白木澄江 中原ひとみ
まり千代 千之赫子
山本欣介 由利徹
清水うめ 浪花千栄子
田村福江 三條美紀
田村三平 伊藤敏孝
並木勇介 森坂秀樹
吉田武 高橋芳夫
三宅信吉 小園江五
藤本正太 西本雄司
鎌田貞夫 菅野直行
塩見寛 千葉真一
青田昌夫 南廣
ヒナ菊 若水ヤエ子
熊坂 左卜全
大村 杉義一
北川 須藤健
下坂 谷幹一
悦子 愛川かおる
広田 豊野弥八郎
お松 小笠原慶子
新田良平 山田甲一
荒木道夫 大木史朗
桑田巡査 相馬剛三
神主・長谷川 佐藤晟也
お信 山本緑
松方 潮健児
バスケットの監督 中村是好
肥った奥さん 岡村文子
京都・番頭 大東良
京都・女中 桜井悦子
京都・写真屋 大野広高
与太者 大泉滉
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 安来ぶし道中