TOP > 上映中の映画作品を探す > 悪名高きろくでなし

「歌う明星 青春がいっぱい」の若井基成のオリジナル・シナリオを、「鉛をぶちこめ」の斎藤武市が監督したアクションもの。撮影は「探偵事務所23 くたばれ悪党ども」の峰重義

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

竜巻丈次は血気さかんな週刊誌のトップ屋だ。女は皆獣だとした記事から、どの雑誌社もボイコット、一文なしの丈次は体を舗道にもてあましていた。と、スリがドスンとぶち当り財布を入れて逃げ去った。中身は東京駅ロッカールームの預り証、そしらぬ顔でひき出したボストンバッグを開けてビックリ、手の切れるような札束がいっぱい。躍り上った丈次は早速“ミカド”へ乗りこみ女性記者磯野めぐみを呼び出した。呆然とするめぐみの前で踊り子達にチップの雨を降らせ、すっかり英雄気どりで帝国ホテルへ乗りつける豪遊ぶり、そこへ突然刑事が現れ丈次をニセ札犯人容疑で逮捕した。次の瞬間、待ち受けたニセ札犯の一味が丈次を奪った。犯人は丈次を豪華な邸宅に監禁しコールガールのルミ子をつけて時を稼いだ。丈次はルミ子が眠りこけたすきに家を抜けだし、街へ一歩足を踏み入れて驚いた。新聞にはニセ札犯人として書きたてられ街中丈次の手配写真でいっぱい。すっかり憤慨した丈次は都内の随所で大騒動をまきおこし、テレビ局へ逃げこむとマイクに向って俺は犯人ではない、と喋りまくると、続々とつめかけたパトカーを尻目にめぐみのスポーツカーで逃げ去った。執拗に待ち受けた週刊ホリディの編集長水上とめぐみが丈次を捕えて社へ連れ帰り、ニセ札犯人手記として記事をでっち上げた。ヤケッパチの丈次はサツを呼び出してブタ箱にほうりこまれた。そこへいつかのルミ子があらわれたから、丈次は警官をなぐりとばして後を追う。その口からボスは飛行機で香港へ逃亡中だと知ると、丈次はその足で航空局へ駆けつけ、三原山上空で旋回する不審な輸送機を探知した。調布飛行場でまちぶせして一味四人を捕えたがボスはいなかった。丈次は香港公司でボスの居場所を嗅ぎつけた、がそこは何と週刊ホリデイのビル、真犯人水上はニセ札をバッグにつめこんでいた。たちまち大乱闘、得意の鉄腕で男五人を叩きのめすと、丈次は明るい舗道へとび出していった。

作品データ

製作年 1963年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 82
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 高木雅行
脚本 若井基成
監督 斎藤武市
撮影 峰重義
音楽 小杉太一郎
美術 木村威夫
照明 森年男
録音 古山恒夫
スチル 坂東正男
編集 近藤光雄

キャスト

竜巻丈次 宍戸錠
磯野めぐみ 朝風みどり
ルミ子 久里千春
水上 藤村有弘
富田仲次郎
松本警部 井上昭文
岡田刑事 木浦佑三
借金取立人A 由利徹
借金取立人B 南利明
品川 天草四郎
土方弘
公司の男 弘松三郎
週間トピックス受付 千代侑子
マネジャー 野呂圭介
記者A 光沢でんすけ
記者B 島村謙次
記者C 本目雅昭
航空局局員 石丘伸吾
署長 丘寵児
輸送機操縦士 鴨田喜由
築地署警官A 林家珍平
築地署警官B 平凡太郎
築地署警官C 人見明
歌手 五月みどり
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/24更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 悪名高きろくでなし