天国と地獄|MOVIE WALKER PRESS
MENU

天国と地獄

1963年3月1日公開,143分
  • 上映館を探す

エド・マクベイン原作“キングの身代金”を「椿三十郎」の小国英雄、菊島隆三、久板栄二郎、黒澤明が共同で脚色、黒澤明が監督した刑事もの。撮影は「娘と私」の中井朝一と「ニッポン無責任時代」の斎藤孝雄。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ナショナル・シューズの権藤専務は、大変な事件に巻込まれてしまった。明日まで五千万円を大阪に送らないと、次期総会で立場が危くなるというのに、息子の純と間違えて運転手の息子進一を連れていってしまった誘拐犯人から、三千万円をよこさないと進一を殺すという電話があったからだ。苦境に立った権藤は結局金を出すことになった。権藤邸に張りこんだ戸倉警部達は権藤の立場を知って犯人に憎しみを持った。金を渡す場所。それは、明日の第二こだまに乗れということだった。犯人は戸倉警部達を嘲笑するかのごとく、巧みに金を奪って逃げた。進一は無事にもどった。権藤は会社を追われ、債権者が殺到した。青木は進一の書いた絵から、監禁された場所を江の島附近と知って、進一を車に乗せて江の島へ毎日でかけていった。田口部長と荒井刑事は、犯人が乗り捨てた盗難車から、やはり江の島の魚市場附近という鑑識の報告から江の島にとんだ。そこで青木と合流した二人は、進一の言葉から、ついにその場所を探り出した。その家には男と女が死んでいた。麻薬によるショック死だ。一方、戸倉警部は、ある病院の焼却煙突から牡丹色の煙があがるのをみて現場に急行した。金を入れた鞄には、水に沈めた場合と、燃やした場合の特殊装置がなされていたのだ。燃やすと牡丹色の煙が出る。その鞄を燃やした男はインターンの竹内銀次郎とわかった。また共犯者男女ともかつてこの病院で診察をうけており、そのカルテは竹内が書いていた。今竹内をあげても、共犯者殺人の証拠はむずかしい。戸倉警部は、二人の男女が持っていた二百五十万の札が、藤沢方面に現われたと新聞に発表する一方、竹内には、二人が死んでいた部屋の便箋の一番上の一枚に、ボールペンで書きなぐった後を復元した、「ヤクをくれヤクをくれなければ……」という手紙を巧妙に渡して、腰越の家に罠を張って待った。そして、竹内には十人からの刑事が尾行についた。竹内は横浜で麻薬を買った。肺水腫に犯された二人が麻薬純度九〇%のヘロインをうって死なないはずがない。竹内はそのヘロインを今度は、伊勢崎町の麻薬中毒者にあたえてためそうというのである。果して一グラム包〇・三%を常用している中毒者は忽ちにしてショック死した。彼は薬の効果を確かめてから、二人の男女中毒者をおいておいた腰越の別荘に走った。そこには、すでに戸倉警部の一行が、ずっとアミを張って待っているのだ。

作品データ

原題
High and Low
製作年
1963年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
143分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.5
  • まこと

    5
    2013/7/21

    池袋新文芸坐で仲代達矢の特集日替わり上映
    今回は黒澤明監督作品の2本立てで、併映は『用心棒』です

    黒澤明作品は、それほど観てないのですが…これは、普通に面白いですねw
    この時代に、ここまで上質のクライムサスペンスが描けた事に、率直に驚かされます
    捜査のプロセスとしては、やや稚拙な所もあるものの、この時代の同種の作品と比べたら、かなり本格的に見えます

    社会派と娯楽作品がうまく融合している印象です
    非常にバランスが良い仕上がりになってますね

    原作はエド・マクベイン「87分署シリーズ」の中の1作ですが、これは「誰を誘拐しても脅迫はできる」というアイデアから着想を得ただけで、原作というよりは原案…という感じみたいですね
    脚本自体は、ほぼオリジナルのようです

    前半は 邸内だけでストーリーが展開していく、密室劇風の演出がなされています
    1カットを長く取り、登場人物たちの表情や仕草をうまく捉えていきます
    特に、画面にいる人数が少ない時のアングルが良いんですよね
    2人とか3人を画面上にうまく配置して、独特の距離感、空気感を作っています

    中盤、身代金の受け渡しをする所から、ストーリーが大きく動きます
    それまで、仲代達矢演じる権藤を中心に物語が進んでいたのですが、ここら辺から、警察の捜査へとシフトしていきます
    非常に濃厚で充実したサスペンス…先の読めない展開に惹き付けられます
    これが50年前の作品だとは、とても思えません…むしろ、これからサスペンス作品を作る人に、見習って欲しいぐらいの内容ですね~

    終盤には、麻薬の問題なども出てきますが…ここも社会派の黒澤明らしいメッセージ性が伺えます
    というか、ここだけ、妙に異質な空気感が…本当に日本なんでしょうか、これはw
    僕が生まれるより数年前ですが…さすがに、これは大袈裟でしょ…多分…

    個人的には、ビジネス劇の方ももう少し盛り上げて欲しかった所ではありますが…まあ、ほとんどの人は、これだけでお腹いっぱいでしょうw
    というか…終盤は、やや冗長にも感じましたね
    ここまで引っ張る必要あったのか…もっと尺を縮められた気もしますけど…どうなんでしょ?

    惜しむらくは、犯人像がよく見えない所ですが…そこにヒューマニティを求めない事で、この事件だけを純粋に楽しめるし、シニカルさも増した…という気がします
    しかし、社会派要素が強いのも確かで…このバランスをどう受け止めるかは、観客の好みでしょうねえ、やっぱりw
    とりあえず、クライムドラマが好きな人は、絶対に観るべき作品だと思います

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 晴耕雨読

    5
    2009/5/30

     「天国と地獄」は映画前半の権藤(三船敏郎)邸だけで展開される場面と、身代金受け渡しの列車シーンという後半の、刑事たちが誘拐犯人を逮捕するまでを描いた部分とに、二分割されています。冒頭は権藤邸から見下ろす横浜の夕暮れの街、女性の甲高い声を主体とした悪魔的なアンニュイな音楽の中に、高音の炸裂音を発する横浜港の船舶の音や、街の騒音が入ります。これだけでこの周辺は相当に不快指数が高い場所だということが分かります。しかし、丘の上の高級住宅である権藤邸の内部は、屋外の喧騒を完全にシャットアウトしているのです。もう一つの刑事ドラマ「野良犬」を彷彿とさせるような、茹だる真夏の暑い日、鉄筋コンクリート造の権藤邸には冷房が完備され、大型サッシの分厚い窓は閉め切られています。街の騒音は、窓を開放したときに邸内に流れ込んでくるのですが、閉めれば完全に遮断されるのです。映画前半のシチュエーションはまるで舞台劇のようです。観客も登場人物と共に、権藤邸内部の密閉状態に置かれてしまうのですが、黒澤明監督の狙いはここにあったのでしょう。

     観客は密閉状態での物語を長時間見せられて、逼塞感を感じ始めた頃に、映画は一気に外の物語に瞬間移動するのです。こうすることによって、「ショーシャンクの空に」で感じたように、内部から外部への解放感というものが、普段よりも余計多くに倍増されます。その屋外での切り替えは、突進してくる特急列車こだま号を2000mmの超望遠レンズで捉えた迫力ある映像であり、急激に場面転換されたことにより観客は黒澤明作品のダイナミズムに酔わされるのです。そして、映画は最大の見せ場である特急列車こだま号での身代金引き渡しシーンに突入します。権藤邸の動かない密室から、高速進行する動く密室に再び閉じ込められた観客は、登場人物たちと一緒に緊迫した空間を“疑似体験”させられるのです。

     ハリウッド映画界が、暴力描写もなく、セックスシーンもないハードボイルド映画の傑作に驚愕したのは言うまでもなく、「天国と地獄」が面白い点は上記した“疑似体験”にあります。捜査会議のシーンには横浜市の中区・西区の大地図が出され、子供が描いた絵を貼り出します。特急こだま号から撮影した8mmフィルムをスクリーンに映し出す。犯人宛てに書いた手紙をスライドで見せる。そして、伝説となって「シンドラーのリスト」で応用され、「踊る大捜査線」でのセリフにもなったモノクロ映画の赤い煙。これらを刑事たちと共に見ることによって、観客は捜査会議を“疑似体験”出来る面白さといったら痛快無類という他に言葉が無いでしょう。

     そして、「天国と地獄」の重大要素は、高台から低地を見下ろす、逆に低地から高台を見上げるという、俯瞰と仰角の視覚的対立にあります。高台に居れば、周辺の誰よりも一歩抜きん出た優越感を感じられますが、その反面に誰からも目をつけられるという弊害もあります。自分自身は数多くの群衆の眼に曝されているが、自分の方から下を見渡しても、特定の人物の眼がどこにあるのかが全く分からない恐怖なのです。黒澤明監督作品の中での最も戦慄するラストとなった場面はシャッターによる“断罪”と解釈しています。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ゆきちゃん

    4
    2009/2/3

    高校時代、初めて触れた黒澤作品。
    BSにてあなたが選んだ黒澤作品、第五位として放映。三船、仲代、山崎、三人の演技が際立つ。
    何度も観ているので、ストーリーはわかっているのだが、その緻密な部分にいつも引き込まれる。
    地元ということもあり、酒匂川を舞台にした特急こだまでの、身代金受け渡しシーンは印象的。また、最初に観た時に、はっと思ったのは煙突から立ち上るピンク色の煙。モノクロ映像にそこだけ色が…
    ラスト、山崎演じる犯人と三船演じる権藤の対面シーンも観る者に何かしらの余韻を残すはず。
    今回は「優しい気持ちで嘘をつかれるより、残酷でも本当のことを言ってほしい」というセリフが胸に残った。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告