映画-Movie Walker > 作品を探す > みんなわが子

未来社版「学童疎開の記録」を植草圭之助が脚本化し、「若者たちの夜と昼」の家城巳代治が監督した全農映の第二回作品。撮影は「サムライの子」の井上莞

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

昭和二〇年夏--。東京から国民学校の生徒たちが疎開してきている梨本市に突然空襲警報が鳴りわたった。そして避難する生徒たちのうえにB29はビラをまいていった。ビラは先生たちに回収されたが、もと旅館であった宿舎の梅村寮へ帰ってきた第三分団の生徒たちは、洋一がポケットへ隠しもってきたビラを読んで顔いろを変えた。ビラには米軍が沖縄を占領したと書いてあった。木谷先生は否定したが、ラジオは玉砕を報道した。疎開学童はいつもおなかをすかしていた。母親の面会が待ち遠しかった。梅村寮へは三沢たち若い海軍少尉がよく菓子をもってやってきた。梅村の娘京子はその三沢にひそかな愛情をいだいていた。許可書のない面会や、近くの浴場を利用して花柳病に感染した女生徒がでたりで、先生も生徒も、あわれな日々を送った。戦地へたつことになった三沢たちがおわかれにやってきた。軍歌をうたい楽しく最後をすごしたその後、三沢と京子は拳銃で自殺した。翌朝、死体は憲兵に付添われて運びだされたが、町の人はその死体を非国民だとののしった。空襲はますますはげしくなり、生徒たちは山奥の寺に再疎開した。医者のいないところなので、からだの弱い房吉や秀代は残留することになったが、秀代は内気な妹の幸子と離れるのが心配だった。生徒たちは空腹に耐えかねて絵具をなめた。梨本市が空襲にあい残留組の生徒たちが寺へ避難してきた。だが秀代と房吉の姿はみえなかった。二人の告別式がおこなわれた。房吉の母は泣き叫び、秀代の母はちいさな骨箱を抱きしめ幸子を連れて東京へ帰った。主食の配給はおくれ、西野先生は買出しに奔走したが、どの農家も疎開ものには冷たかった。そして終戦。先生たちの気持は複雑だった。生徒たちはミコシをかつぎ出し明るい声でワッショイ、ワッショイと叫ぶのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1963年
製作国 日本
上映時間 93
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 家城巳代治
製作 中山亘
脚本 植草圭之助
撮影 井上莞
音楽 池野成
美術 岡田戸夢
編集 沼崎梅子
録音 加藤一郎
照明 森康

キャスト

沼田先生 桑山正一
木谷先生 高津住男
西野先生 中原ひとみ
谷口寮母 辻伊万里
梅村寮女主人 三崎千恵子
京子 真山知子
村長 大森義夫
住職 富田仲次郎
源作 日野道夫
勘造 島田敬一
まり 加藤土代子
勘造の女房 日岸喜美子
邦雄の母 田上嘉子
房吉の母 北林谷栄
順一の母 赤木蘭子
秀代の母 田湖章子
房吉の父 陶隆
校長 大町文夫
三沢海軍少尉 上林詢
大木海軍少尉 溝口幸二
木下海軍少尉 桝谷一政
上林海軍少尉 小沢弘治
佐野邦雄 小柴広吉
時岡勝太 森坂秀樹
北村亮平 石関元
吉川武夫 吉田守
馬場洋一 石坂博
安本房吉 新井慶次
内田順一 北邑長勤
木村秀代 萩原宣子
細木道子 高橋千恵子
大宮芳子 松本美智子
上野妙子 深沢裕子
木村幸子 古屋美津代
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > みんなわが子