TOP > 上映中の映画作品を探す > ちんじゃらじゃら物語

「殺人者を追え」の若井基成柴田夏余が共同で脚本を執筆。「おったまげ人魚物語」の堀内真直が監督した喜劇。撮影は「寛美の我こそは一等社員」の川原崎隆夫

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

山田太助はパチンコの元祖、機械を扱わせては日本一だが底抜けの人のよさが禍いして女房には逃げられ、今は名古屋駅裏の「大穴」に娘マリ子と暮していた。太助の戦友の山田太郎は反対に、轟モータース社長にまでなり常々協力を申し出ていたが、太助はきしめん屋のお滝が借金のカタに店をとられそうだと聞くと、新考案パチンコ機械の権利を売って救ってやるほどの善人だ。その裏には太郎を市長にまつり上げ「駅裏整理」の公約を実行させて立退き料をせしめようという悪党黒田の劃策が動いていたが、太郎はもとより知る筈もなく、甘言に乗って市長選挙に打って出ることになった。たくらみを知った太助はパチンコ屋に呼びかけて「整理反対」をマイクでがなり立てた。黒田はパチンコ屋五十軒を首くくらせたというパチンコ名人“なだれのサブ”を送って挑戦させたが、丁丁発止の戦いの末、名人サブも太助の機械には手が出ぬことを悟るのだった。折も折、太郎の許にかつて戦地で設けた息子のパプロがたずねて来た。青くなった太郎に頭を下げられた太助は、公約をとり消すことを条件に身代りをひき受けた。ところが、テレビに出演した太郎が黒田におどかされて「駅裏整理」の演説をぶったから、烈火のように怒った太助はスタジオに怒鳴り込んだ。もちろん放映はめちゃくちゃ、目が醒めた思いの太郎はパプロと涙の対面をした上、立候補も取消した。心機一転、スズカサーキットで行なわれるオートレースに専念した太郎は、黒田の妨害にもめげずスピード狂のパプロをレースに送った。そして一同の声援の中に出場したパプロは接戦の末、見事に一等を勝ちとった。「万歳」を叫ぶ一同の顔は底抜けに明るい。

作品データ

製作年 1962年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 91
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 白井昌夫
制作補 斎藤次男
企画 伴淳三郎
原案 小野田勇
脚本 若井基成柴田夏余
監督 堀内真直
撮影 川原崎隆夫
音楽 木下忠司
美術 武田殷一
照明 仙波正巳
録音 渡部嘉一
スチル 田中利男
編集 天野栄次

キャスト

山田太助 伴淳三郎
山田太郎 千秋実
山田マリ子 島かおり
吉弥 月丘夢路
パプロ 芦屋小雁
西山 加東大介
なだれのサブ フランキー堺
小出 三木のり平
パチンコ狂 市村俊幸
轟社長 有島一郎
社長の令嬢 岩下志麻
池沢和子 黒柳徹子
カオル 葵京子
お滝 星美智子
大森 玉川良一
山茶花究
黒田 須賀不二男
立花 名和宏
塚本 八波むと志
蝶子 宮城まり子
会社員 藤山寛美
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/22更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > ちんじゃらじゃら物語