映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 禁断(1962)

「マドモアゼル」連載の石原慎太郎の原作から、「僕たちの失敗」の白坂依志夫が脚色、「あした逢う人」の井上芳夫が監督したラブ・ロマンス。撮影は「仲よし音頭 日本一だよ」の石田博

3/5
総評価数 2
レビュー 1
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

女は医者、男は自殺した作曲家の親友で同じように将来を嘱望されていた新進作曲家であった。「恋愛で死ぬなんて」吐き出すように言った男に、女は険しい顔でこたえた。「恋愛は死の理由になりませんの」そして数日後、雨と偶然が愛に渇いた二人の間をとりもった。愛について、死について語り合う二人が、愛し合うまでに時間はかからなかった。女医、柴由紀子はかつて激しい恋に破れた女だった。作曲家、酒井明は妻と二人の子供を養っていたがその家庭は冷え切っていた。やがて酒井の生活の大部分は由紀子で覆われるようになり、由紀子の二十四時間は酒井への思慕で占められるようになった。酒井は由紀子を海へ連れて行った。自慢のヨット“ロドイスカ号”を見せたかったのだ。闇と、波の音と風のささやきが男と女を大胆にし、ロドイスカの船室には愛の饗宴がいつ果てるとも知れなかった。夏--二人にとって歓喜と幸福に溢れた最高の愛の季節であった。秋--酒井の前に由紀子の婚約者と称する医者が訪ねて来た。だがこの事件も二人の愛を強める結果にしかならなかった。京都の学会に出席している由紀子を追って、東京を発つと酒井の電話があった。しかし、やって来たのは飛行機の墜落事故による酒井の死の報せだった。荒涼たる冬の海に繋がれたロドイスカ、由紀子は頼んで船を岬の端に出してもらった。錨をおろして、由紀子は一人になった。「私たちの間で失われたものはなにもない。あなたの体をのぞいては、それなら私も……」ロープを切り睡眠薬をのみ、酒井の写真を抱いて由紀子は横たわった。「何が、私たちがもち得たものを奪えるというのだろう、この愛の行きつくところを私は疑わない」。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1962年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 85
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 原田光夫藤山健彦
原作 石原慎太郎
脚色 白坂依志夫
監督 井上芳夫
撮影 石田博
音楽 平岡精二
美術 山口煕
照明 柴田恒吉
録音 橋本国雄
スチール 板垣公章
編集 中静達治

キャスト

柴由紀子 叶順子
母邦代 瀧花久子
酒井明 宇津井健
妻美沙 仁木多鶴子
娘恵子 稲見淳子
瀬川 高松英郎
能代 仲村隆
寺田 山中雄司
竹下 花布辰夫
山内 中条静夫
阿部脩
映画監督 隅田一男
フロント係 高原巧
中年のフロント係 中田勉
病院の医師 夏木章
立野 伊東光一
アパートのお神さん 三島愛子
テレビ局員A 荒木康夫
テレビ局員B 穂積明
内田教授 見明凡太朗

レビュー

「純愛的な不倫はあるか?」…主演:叶順子&宇津井健

投稿者:たっかん

(投稿日:2017/1/16)

主演:叶順子&宇津井健による「純愛的な不倫はあるか?」という…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 禁断(1962)