空と海の結婚|MOVIE WALKER PRESS
MENU

空と海の結婚

1962年12月19日公開,90分
  • 上映館を探す

田坂啓のオリジナル・シナリオを「男の歌」の高橋治が監督したラブ・コメディ。撮影もコンビの加藤正幸。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

“ガムを噛んで夢の香港へ、仲良く御夫婦で!”こんな懸賞に当ってしまった鉄也・雪子夫婦は、近頃チョイト倦怠気味。それでも滅多にないチャンスと、苦虫をかみつぶしたような顔をしながら行くにとになった。週刊××のカメラマン昌三と記者美也子が取材のため同行。ところが、雪子に言いよっていた夏雄までが、後を追って便乗してしまう。だが、香港へ着いてみると、鉄也に言いよっていた京が先回りして待っていた。これでお互いさまだが、夫婦仲は増々悪くなる。そんなうさ晴らしに鉄也は京とヴィクトリア・パークで逢っていると、雪子と夏雄が仲睦まじくしている所にバッタリ。このツウ・ペアはそれぞれ益々入り乱れるばかり。迷惑なのは、夫婦仲の良い旅行スナップを撮らねばならぬ昌三と美也子だ。港で雪子は賭博場で会ったプレイボーイ坂野のクルーザーに便乗させてもらう。一方、遅れて後を追う鉄也と京はA・P・Lの豪華客船ウィルソン号で日本へ。ところが突然台風が押し寄せ、鉄也は雪子の身が心配になった。そこへヨット難波というニュースまでも入る。台風は夜と共に明けた。全く打ちひしがれた鉄也の頭上に、突然、ヘリコプターが飛んで来て救助篭が下り、雪子と夏雄が乗っていた。ひしと抱き合う雪子と鉄也。今度は失恋同盟を結ぼうやと、京と夏雄。昌三と美也子はこれぞチャンスとばかりシャッターを切ろうとする、と、そこにニューッと現われた中国服の若い男女。「ガム噛ンデ、夢ノニッポンへ行コウ!」。

作品データ

製作年
1962年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
90分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?