映画-Movie Walker > 作品を探す > 忍びの者

村山知義原作を「真昼の罠(1962)」の高岩肇が脚色、「乳房を抱く娘たち」の山本薩夫が監督した忍者もの。撮影は「雲右衛門とその妻」の竹村康和

3/5
[?]評価方法について
総評価数 7
レビュー 1
投票 6
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 50% (2)
星4つ 0% (0)
星3つ 100% (4)
星2つ 25% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

戦国末期。伊賀の国には高技術を誇る忍者が輩出した。その中に石川村の五右衛門がいた。彼は三太夫の配下に属する下忍(最下級の忍者)だった。その頃、全国制覇の野望に燃える織田信長は宗門め掃討を続けた。そんな信長に対し、天台、真言修験僧の流れをくむ忍者の頭領、三太夫は激しい敵意を持ち下忍達に信長暗殺を命じた。一方、三太夫と対立中の藤林長門守も信長暗殺を命令していた。その頃、五右衛門は何故か信長暗殺を命ぜられず三太夫の妻、イノネと砦にいた。彼女の爛熟した体は若い五右衛門に燃え上り、彼らはもつれた。が、三太夫は女中のハタに二人を監視させていた。五右衛門はその気配を覚りハタを追ったが、その間にイノネは三太夫に殺された。が、五右衛門は三太夫に信長を暗殺すれば罪を許すとささやかれた。五右衛門は京に出て信長を狙ったが、その都度、織田信雄、木下藤吉郎らに阻まれた。信長を追って堺に来た五右衛門は一軒の妓楼でマキという遊女と知り合い、彼女の純心さに惹かれていった。ある日、五右衛門はハタにめぐり合い、イノネが三太夫に殺されたことを知り、全てが彼の策略だったことを知った。怒りにもえた五右衛門は急拠伊賀へ帰り三太夫を面罵したが、彼は逃げ去った。五右衛門はマキと一緒に山中の小屋で日々を送った。ある日、突然三太夫が現われマキを人質にした。五右衛門は愛する者のため三太夫の命に従い安土へ走った。その頃、信長は豪壮な安土城を築き得意の絶頂にあった。折りからの築城祝いに乗じ信長の寝所の上に忍び込んだ五右衛門だが、信長毒殺は失敗に帰した。信長は急拠伊賀攻めを敢行した。三太夫の砦はすぐに包囲され、建物は炎上していた。が、忍者達は必死に戦った。信雄の采配が一閃した。と、一団となって砦になだれ込む兵達--。瞬間、五右衛門も砦へとび込み三太夫を探したが、情婦と共に死んでいる三太夫を見て愕然とした。何と長門守と同一人物だったのだ。山道へ走り出た五右衛門の顔ははればれと明かるかった。

見たい映画に
登録した人
4

作品データ

原題 A Band of Assassins
製作年 1962年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 104
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 山本薩夫
製作 永田雅一
原作 村山知義
脚色 高岩肇
企画 伊藤武郎土井逸雄
撮影 竹村康和
音楽 渡辺宙明
美術 内藤昭
編集 宮田味津三
録音 奥村雅弘
スチル 藤岡輝夫
照明 加藤博也

キャスト

石川五右衛門 市川雷蔵
マキ 藤村志保
ヒノナ 浦路洋子
ハタ 藤原礼子
タモ 真城千都世
イノネ 岸田今日子
織田信長 城健三朗
織田信雄 小林勝彦
百地三太夫 伊藤雄之助
木下藤吉郎 丹羽又三郎
下柘植の木猿 西村晃
投げの与八 中村豊
新堂の小太郎 高見国一
九度兵衛 千葉敏郎
五右衛門の父 水原浩一
木屋弥左衛門 沢村宗之助
葉蔵 加藤嘉
町人A 南条新太郎
町人B 寺島雄作
安土城の医師 南部彰三
大炊の孫太夫 伊達三郎
公卿 舟木洋一
ムロタ 沖時男
京の役人A 原聖四郎
町人C 藤川準
稲葉山城侍A 堀北幸夫
行商人A 岩田正
行商人B 菊野昌代士
百地砦見張りの男 小南明
藤林砦見張りの男 木村玄

レビュー

テクニッシャン山本薩夫の面目躍如たる作品

投稿者:くうぱあじゅにあ

(投稿日:2014/09/04)

社会派として知られる山本薩夫だが娯楽映画を撮らせても実に巧い…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 忍びの者

ムービーウォーカー 上へ戻る