映画-Movie Walker > 作品を探す > 宮本武蔵 般若坂の決斗

吉川英治原作を「恋や恋なすな恋」の内田吐夢と「ちいさこべ」の鈴木尚之が協同で脚色、内由吐夢が監督した剣豪もの。撮影は「酔いどれ無双剣」の坪井誠

3/5
総評価数 5
レビュー 0
投票 5
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (4)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

白鷺城の暗黒蔵にこもること三年、武蔵は名を宮本武蔵と改め、沢庵に別れを告げて剣の旅に出た。同行を願うお通が約束の花田橋に駈けつけたとき、武蔵の姿はすでになかった。三年後、京は祗園の色里で吉岡清十郎がお甲の娘朱実にうつつを抜かしていた。武蔵の幼馴染の本位田又八は、お甲の名ばかりの亭主だ。清十郎が伊勢に旅立った日、吉岡道場に現れた武蔵は門人数名を敗った。清水坂で武蔵に果し合をいどんだのは本位田家のお杉婆と権叔父だが、武蔵は相手にせず逃げ去った。木賃宿で逢った城太郎少年が青木丹左衛門の一子と知り、武蔵は弟子にすると約した。醍醐道で追いついた城太郎は、武蔵に又八からの書状を渡した。吉岡道場千人の門下が意趣をふくみ、武蔵を捜しているという。武蔵は明春一月、道場を訪ねると清十郎に返事を書いた。その手紙を城太郎が大和街道で落したとき、市女笠の旅の女--お通が教えてくれた。一方、奈良奥蔵院裏の畑で、武蔵は鍬を手にした老僧日観師のただならぬ気魄に舌を巻いた。訪ねる宝蔵院の胤舜は不在。どの修業者も高弟阿巌の敵ではなかった。が、武蔵の鋭い木刀に阿巌は血を吐いて息絶えた。その武蔵に「強さをためねばならぬ」と戒しめたのは日観で、武蔵は「敗れた!」と呟いた。その頃、奈良には素性の知れぬ牢人衆が多く流れ込み、町を荒らし回っていた。そして、武蔵に恨みを抱く牢人たちは宝蔵院の荒法師たちを煽動して、武蔵を囲んだ。武蔵は奮然と斬りまくった。加勢するはずの法師たちは、逃げる牢人衆を片端から突き伏せた。奈良の町を大掃除しようと、日観師が胤舜に策を授けたのであった。南無妙法蓮華経の題目を記した供養の小石を武蔵は空に投げた。「殺しておいて何の供養ぞ!」

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

原題 Miyamoto Musashi Part2-Duel without End
製作年 1962年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 106
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

宮本武蔵 中村錦之助
お通 入江若葉
本位田又八 木村功
お杉 浪花千栄子
淵川権六 阿部九洲男
宗彭沢庵 三國連太郎
お甲 木暮実千代
朱実 丘さとみ
池田輝政 佐々木孝丸
吉岡清十郎 江原真二郎
林彦次郎 河原崎長一郎
祗園藤次 南廣
植田良平 香川良介
横川勘助 国一太郎
城太郎 竹内満
庄田喜左衛門 堀正夫
日観 月形龍之介
宝蔵院胤舜 黒川弥太郎
阿巌 山本麟一
大坊主 大前均
納所 中村錦司
女主人 村田知栄子
若女房 玉喜うた子
小女 久岡恵美子
山添団八 加藤浩
大友伴立 中村時之介
野州川安兵衛 小田部通麿
木賃の親爺 織田政雄
竹細工屋喜助 宮口精二
竹細工屋女房 赤木春恵
陶器師の翁 吉田義夫
髯面の雲助 尾形伸之介
牛方 野村鬼笑
吉岡の門弟 名護屋一
吉岡の門弟一 有川正治
吉岡の門弟二 遠山金次郎
吉岡の傷負いの門弟 唐沢民賢
駕篭かき一 香住佐久良夫
駕篭かき二 大城泰
駕篭かき三 五里兵太郎
弥次馬 利根川弘
武芸者 南方英二
死ぬ武芸者 晴賀俊介
赤犬の飼主 片岡半蔵
玄関坊 鈴木金哉
仲間の牢人 阿波地大輔
牢人一 有島竜司
牢人二 江木健二
牢人三 小山田良樹
法師一 野間勝良
法師二 兼田好三
騎馬役人 那須伸太朗
親爺 大崎四郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 宮本武蔵 般若坂の決斗