映画-Movie Walker > 作品を探す > あした逢う人

「江戸へ百七十里」の笠原良三と「B・G物語 易入門」の桜井康裕村尾昭が共同で脚本を執筆、「仲よし音頭 日本一だよ」の井上芳夫が監督した歌謡ドラマ。撮影は「かっこいい若者たち」の秋野友宏

5/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

西原則子は夏休みを利用して、北海道から兄圭介のいる東京へきた。が、スリに全財産を取られ、しかも兄貴は留守だった。そこへボクシングのフットワーク練習と新聞配達のバイトをかねた藤川民夫がきたので、早速則子は食事をおごらせた。二人は同じ高校三年生なので意気投合した。則子の兄圭介は夢の超特急の研究員で、親代りに父の親友北海道観光の小河内社長に大学まで出してもらった。社長は娘泰子と夫婦にしようと思っていたが、圭介はその気になれなかった。民夫には母親代りの姉時江がいて、すし屋を経営する男まさりだった。民夫と則子は圭介と時江を結ぼうと相談した。則子は圭介にねだり箱根へドライブに出発、民夫の方は勉強のためと時江を箱根へ連れ出した。万事上手くいったが、些細な手違いからせっかく出逢った圭介と時江は見事喧嘩別れしてしまった。数日後、高校拳闘大会が開かれ民夫も出場した。則子はリングサイドで観戦し、民夫のおばあちゃんは自宅で、圭介は列車内で応援していた。民夫が優勝した。早速時江はジムの人達を店へ招きお祝いした。店の酔客がからんできたのを圭介が退散させ、その態度にすっかり時江は魅了された。翌日、圭介と時江が彼のアパートで夕食をしようと帰ってきた。が、そこへ泰子が尋ねてき、時江と火花を散らした。時江は怒って帰った。圭介と時江は相互に好意を持っているにもかかわらず喧嘩別れをした。困った民夫と則子は、小河内社長の後を追って北海道へ急行した。二人は社長に直接談判したが、相手にされなかった。その夜社長の計いでホテルの一室に泊った。二人の関係を不純なものと解したマネージャーは警察へ連絡し、警察から時江へ知らされた。驚いた時江は圭介をさそって北海道へ。そこで圭介は社長に会い一切を告白した。社長は喜んで承知した。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1962年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 88
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 井上芳夫
脚本 笠原良三桜井康裕村尾昭
企画 原田光夫
撮影 秋野友宏
音楽 西山登
美術 山口煕
録音 渡辺利一
スチル 沓掛恒一
照明 泉正蔵

キャスト

西原圭介 本郷功次郎
藤川民夫 橋幸夫
姉時江 叶順子
祖母まつ 北林谷栄
西原則子 三条江梨子
母政代 須藤恒子
小河内泰子 小牧洋子
父清太郎 見明凡太朗
平井 大瀬康一
高山社長 潮万太郎
兼吉 中条静夫
源一 三角八郎
三郎 中原健
ひろ子 長谷川峰子
関口 小山内淳
マネージャー 早川雄三
巡査 阿部脩
民夫の学友小林 森矢雄二
研究所主任 夏木章
圭介の同僚 飛田喜佐夫
警官 谷健一
アナウンサー 横山明
解説者 仲村隆
受付 白井玲子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
世界から希望が消えたなら。
世界から希望が消えたなら。

赤羽博監督がメガホンを取り竹内久顕が映画初主演する余命宣告を受けたある男の物語

ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > あした逢う人