抜き射ち三四郎|MOVIE WALKER PRESS
MENU

抜き射ち三四郎

1962年6月3日公開,71分
  • 上映館を探す

「さようならの季節」の才賀明のオリジナル・シナリオから「事件記者 影なき侵入者」の山崎徳次郎が監督したアクションもの。撮影は「抜き射ち風来坊」の峰重義。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ある港町--。海賊ギャングのため運輸業者は軒なみにやられていた。この港町にフラリと現われたのが鉄腕児三四郎。彼は丘の墓地にギャングに殺された船頭弥市の墓を訪れた。そこで、弥市の娘で看護婦の夕子と、バーのマダム美和がいた。三四郎は、その帰途、星野運輸のチンピラから夕子を救ったことで、うなぎ屋銀助の出前持に雇われることになった。翌日、三四郎のところに星野運輸の用心棒がやって来た。望月と名乗る用心棒をみて三四郎は驚いた。特捜班の西田刑事だったからだ。かつて三四郎が浮浪児だった頃からの知合いなのだ。三四郎は、以前、弥市に世話になり、その恩人が殺されたことを知ってこの港町へやって来たのだった。二人はお互に邪魔をせずに犯人を探そうと誓った。或る晩、星野の船に西田が乗りこんだ。そしてギャングに襲われた。だが、星野社長は警察に届けようとしなかった。疑惑を深めた西田は、別のルートから探ろうと美和のバー・リスボンへ出かけた。そこには別の運輸業の芹沢がいた。しかし、西田はそこのバーテン貝原の殺気に満ちた視線に、どこかであったような気持を覚えた。一方、三四郎は酔いどれ船頭の松吉から、ギャングの黒幕が芹沢らしいとめぼしをつけた。その頃、西田は身分がばれて美和と貝原に崖の上に連れ出されていた。そこへ、三四郎が飛びこんで来た。得意の抜き射ちに貝原の拳銃はふっとんだ。が、貝原の流れ弾に美和は絶命した。芹沢は星野が密輸品を扱っていることを知り、部下の貝原達を使って掠奪し、弥市は貝原の顔をみたので殺されたのだ。星野もまた密輸品のために警察に訴えられなかったのだ。美和は芹沢の情婦だった。三四郎は西田こと望月刑事と一緒に芹沢の別荘へ向かった。ギャング団は高飛びの最中だった。夕子の報らせで警官隊もかけつけた。三四郎の大奮戦で芹沢一味は全員逮捕された。

作品データ

製作年
1962年
製作国
日本
配給
日活
上映時間
71分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?