映画-Movie Walker > 作品を探す > カレーライス

阿川弘之原作から「雁の寺」の舟橋和郎と「次郎長社長と石松社員 威風堂々」の渡辺祐介が協同で脚色、渡辺祐介が監督した社会喜劇。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

桜田六助と鶴見千鶴子は百合書房の編集員である。百合書房はソバ屋の二階に間借する赤字会社。元二等兵の北原が戦記物をネツ造しても、編集長代理の東田が「女性の告白」などを書いても返本の山、おまけに庭瀬編集長まで病気で倒れた。なんとかしなければと、六助と千鶴子の二人は本をトラックに積んで都内の会社へ売り歩いた。これは成功したものの負債の山には焼石に水。百合書房はついに倒産した。夢破れた六助は故郷の広島へ帰ったが、男まさりの千鶴子は家へなど引込んでいられない。たまたまレストランシアター“ガンジー”の専務唐子小路塩麿からヒントを得、カレーライス屋を開店することにした。千鶴子はさっそく六助を呼び寄せカレーライス“からい屋”へコック見習に行かせた。手頃な店を見つけた千鶴子は、唐子小路の援助で“ありがとう”というカレーライス店を開店した。唐子小路は千鶴子に大変な御執心、結婚を申込んだ。困った千鶴子は六助のところへ逃げ込んだが、六助は田舎から出て来たゆみ子とアベックで外出していた。千鶴子はすっかりおかんむりだったが、これは彼女の誤解で、六助は田舎娘に押しかけられ困っていたのだった。だが千鶴子のおかんむりが直らぬまま開店の日がやって来た。六助は仕方なく、下宿のおばさんをはじめ千鶴子の両親までひっぱり出して開店した。百合書房の面々まで手伝いに来た。さすがに千鶴子も居たたまれず店にやって来た。六助と千鶴子がすっかり仲直りして働いているところへ、唐子小路がふられた腹いせに与太者を連れて乗り込んだ。店は彼らのためにめちゃくちゃにされた。がらくたの中で、新規巻返しを誓う六助と千鶴子の顔は、晴れやかに輝くのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1962年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 83
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 渡辺祐介
原作 阿川弘之
脚色 舟橋和郎渡辺祐介
企画 園田実彦矢部恒
撮影 田中義信
音楽 渡辺宙明
美術 中村修一郎
編集 鈴木寛
録音 岩田広一
スチル 田中牧夫
照明 森沢淑郎

キャスト

桜田六助 江原真二郎
桜田よね 不忍郷子
鶴見千鶴子 大空真弓
鶴見善太郎 永田靖
鶴見うめ子 沢村貞子
鶴見小太郎 川上正夫
唐子小路塩麿 世志凡太
ふさ 三戸部スエ
よし子 若水ヤエ子
ゆみ子 筑波久子
正美 小林裕子
大森貞一郎 西村晃
殿山五八郎 上田吉二郎
庭瀬 織本順吉
東田 花澤徳衛
北原 大村文武
杉野 小林テル
鈴木 高津住男
土工風の爺さん 左卜全
長寿庵のかみさん 戸田春子
「からい屋」主人 須藤健
コックA 佐藤晟也
コックB 岡部正純
コックC 加藤康夫
押売りの中年女 谷本小夜子
チンドン屋夫 大泉滉
チンドン屋妻 八方ゆり
ハイビスカスの店主 若月輝夫
ハイビスカスの店主の妻 松岡洋子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
1917 命をかけた伝令
1917 命をかけた伝令

『007 スペクター』のサム・メンデス監督がワンショット撮影を敢行した戦争ドラマ

パラサイト 半地下の家族
パラサイト 半地下の家族

相反する2つの家族の出会いによって展開する悲喜劇を描いたポン・ジュノ監督作

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

ダニエル・クレイグ演じる名探偵がある密室殺人事件の謎を解明し真相に迫るミステリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > カレーライス