TOP > 上映中の映画作品を探す > 仲よし音頭 日本一だよ > レビュー

投稿レビュー(1件)仲よし音頭 日本一だよは星2つ

若尾文子の踊り (投稿日:2013年4月27日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

2013年4月27日、VHSレンタルで鑑賞。
(若尾文子出演作品は、DVDで観れるものが無くなり、VHSビデオレンタルするしかない今日この頃。もちろん、未見作品がスクリーン上映されれば、映画館に駆けつける。)

この映画の大半の部分が、本郷功次郎・三条江梨子・叶順子の三人の男女、中村鴈次郎・浪花千栄子の元夫婦役で展開する。

映画冒頭は、新しい団地から続々と通勤する人々、満員電車などを描き、当時の日常生活は現代とさほど変わらないな、という印象。特に、満員電車で女性の靴が脱げたのを拾ってあげたことから知り合う本郷功次郎と三条江梨子は微笑ましい風景。

広告代理店に勤務する本郷功次郎が、父親(中村鴈次郎)の「口からデマカセ」で発言した『テレビに出たことのない映画スターを集めて舞台でショーしてもらい、テレビ放送までして某電機会社の宣伝をする企画』のために奔走する。
もちろん父親(中村鴈次郎)も元妻=本郷功次郎の母親(浪花千栄子)に頼んだりして、豪華メンバーはギリギリになってラスト歌と踊りのハッピーエンド。

若尾文子は、最後の踊り場面で出演。(出演時間は短い。ただ、映画『スタジオはてんやわんや』よりは長い。)
和服姿での踊りがグッドである。

若尾文子以外には、京マチ子・山本富士子・長谷川一夫・市川雷蔵・勝新太郎が出演して踊っている。
この時、歌を歌っているのは、村田英雄と島倉千代子。

大映スター軍団の到着時に「あれ、中村鴈次郎さんは?」との質問に、本郷功二郎の父親(中村鴈次郎)が「あぁ、アレはいらないでしょ」という件は、笑える。

普通のドラマ+大映スター踊り、で構成された娯楽映画。
»ガイドライン違反報告

投稿:たっかん

評価:2
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 仲よし音頭 日本一だよ > レビュー

ムービーウォーカー 上へ戻る