TOP > 映画作品を探す > どぶろくの辰(1962)

中江良夫の原作から、「野盗風の中を走る」の井手雅人と「明日ある限り」の八住利雄が共同で脚色、「野盗風の中を走る」の稲垣浩が監督したアクションもの。撮影もコンビの山田一夫

3/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

東北地方の工事現場、戦事中の大砲の弾丸があちこちに埋没しているため、ハッパをかけるたびに何人かの土方が無惨に死んでいった。人手不足に困った黒政組の捧頭舎熊は、町へ下って作業員を集めた。その中には、どぶろく三升賭ければ命も投げ出す暴れん坊で“飛びっちょ”といわれる飯場脱走常習犯、どぶろくの辰もいた。そして、現場では捧頭舎熊のもとで苛酷な労働が毎日続けられた。一方、町でふとしたことから辰にほれこんだ飲み屋のお内儀梅子は、現場まで来て辰を追いまわした。だが辰は梅子には目もくれず、飯場の若いめしたき女しのに柄にもなく恋をした。だが、このしのには鬼のような舎熊がぞっこんほれ込んでいたため、辰と舎熊は彼女をめぐってことごとく対立した。だが当のしのは二人には全く関心がなく、ただ金をためることに必死だった。それには訳があった。しのの夫木田は、しののためある罪を犯し刑務所に入っているため、しのは金を貯めて夫の帰りを待っているのだ。そんなある日、土方になったしのの夫木田は、彼女を訪ねてこの飯場へやって来た。働く気力を失った木田をかかえてしのは困りはてた。そして飯場からの脱走を企てたが、舎熊らの看視下ではそれも不可能と知った二人は、ダイナマイト自殺を計った。運よく辰に救われた二人は、辰の好意でようやく飯場を脱出した。しののいない飯場に未練のない辰も、同じく飛びっちょし、梅子の店に現れた。一方弾丸騒ぎで工事が遅れた現場では、親方が頭をかかえていた。自分の組だけ工事が遅れては面目まるつぶれになるからだ。それにつけこんだ舎熊は土方に拍車をかけることを条件に、法外な報酬を要求した。怒った親方は舎熊を殺させることにした。偶然、それを知った辰はせっかく命がけで飛びっちょして来た現場へと引き返した。土方の汗と血で築きかかった道路工事をつまらぬ争いで壊されてはたまらない。それが土方の根性だ。親方が乾分をつれて舎熊を襲う直前、かけつけた辰のはからいで両者は血の雨を降らさずにすんだ。、はじめて心を通わせる舎熊と辰。やがて工事も終った。だが、辰は梅子のもとへ帰らなかった。流れ者の辰には、梅子の家ではせますぎるのだ。

作品データ

原題 Tatsu
製作年 1962年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 115
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 田中友幸
原作 中江良夫
脚色 井手雅人八住利雄
監督 稲垣浩
撮影 山田一夫
音楽 石井歓
美術 植田寛
照明 小島正七
録音 西川善男
スチール 吉崎松雄

キャスト

三船敏郎
舎熊 三橋達也
梅子 淡島千景
下北しの 池内淳子
追分 有島一郎
木田 土屋嘉男
舞坂 野村浩三
親方 香川良介
帳場 清川荘司
柿別 田崎潤
沼尻 田島義文
伊達浜 大木正司
丸松 堺左千夫
浦河 山本廉
鬼鹿 小杉義男
素人A 上村幸之
素人B 小川安三
舎熊の配下1 大橋史典
舎熊の配下2 向井淳一郎
監視人1 黒木順
監視人2 中西英介
監視人3 伊藤実
監視人4 山口博義
口入屋の親爺 谷晃
おたか 中北千枝子
松枝 津路清子
のん子 中島そのみ
うた子 塩沢とき
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/7更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > どぶろくの辰(1962)