TOP > 上映中の映画作品を探す > 純愛物語 草の実

壷井栄原作を「故郷は緑なりき」の楠田芳子が脚色、「霧の港の赤い花」の村山新治が監督した純愛メロドラマ。撮影は「湖畔の人」の林七郎

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

小豆島の港町、光夫と景子の家が石垣をはさんで隣り合っている。光夫は母屋の一人息子、景子は新家の一人娘で、幼い時から兄妹のように仲良しだったが親達は仇同士のように憎み合っていた。両家の争いは祖母の代からで争いの種は日常茶飯事にまで及んだ。そんなある日、大学生の光夫は冬休みで帰省した。幼い時からの親しみがいつしか恋にかわった光夫と景子だったが、そんな親達の間にあって話すことさえ許されなかった。その頃景子の父は転勤になり母の重子と共に神戸へ移った。景子は祖母の小松と一緒に島へ残ることにした。苦労人で勝気な祖母が景子はとても好きだった。一方、景子と光夫の仲をそれとなく気づいた光夫の母英子は、光夫の意志を無視して他から嫁を貰おうと企てていた。英子の新家に対する憎しみは異常なものがあった。それは、英子が嫁入りの日、夫の源一と深い仲になっていた新家の次女立枝が思い余って母屋の井戸へ身を投げたためだった。そのことを聞いた景子と光夫は、自分達が同じ立場にあるのを知ってがく然とした。二人は、両家の溝を少しでも埋めようと約束したが、折も折、母屋の祖母が景子のついた餅を食べて窒息死してしまった。そんなことで島にいたたまれなくなった景子は、神戸の父母を訪れようと、また光夫も休暇をきり上げ東京へ帰ろうと連絡船に乗り込んだ。船で出会った二人は、光夫が卒業したら結婚しようと固く約束した。景子はこのことを父に打ち明けた。だが父の賛成を得た喜びもつかの間、光夫の嫁が決まったと言う知らせが来た。驚いた景子は島へ帰った。光夫も呼び戻されていた。その夜、こっそりと抜け出した二人はしっかりと抱き合ってがんばろうとはげまし合うのだった。

作品データ

製作年 1962年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 87
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 原伸光
原作 壷井栄
脚色 楠田芳子
監督 村山新治
撮影 林七郎
音楽 木下忠司
美術 中島敏夫
照明 城田昌貞
録音 大谷政信
スチール 加藤光男
編集 田中修

キャスト

大西景子 佐久間良子
大西清三郎 神田隆
大西重子 丹阿弥谷津子
大西小松 浪花千栄子
大西光夫 水木襄
大西源一 宮口精二
大西英子 杉村春子
仁左衛門 磯田政雄
定次 岡本四郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/23更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 純愛物語 草の実