映画-Movie Walker > 作品を探す > 黒蜥蜴(1962)

江戸川乱歩原作を「爛」の新藤兼人が脚色、「女房学校」の井上梅次が監督したミステリーもの。撮影は「夢でありたい」の中川芳久

4/5
[?]評価方法について
総評価数 3
レビュー 2
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (2)
星3つ 50% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

宝石に異常なまで心をひかれている美しい女賊黒蜥蜴は、宝石商岩瀬の令嬢早苗を大阪ホテルでまんまと誘拐してしまった。その場には名探偵明智小五郎が数百万円の護衛費をもらって早苗を見張っていたにも拘わらず、早苗は誘拐された。だが、明智は部下を要所、要所においてあった。早苗はその部下によって取り返された。明智は犯人をその場所に居合わせた緑川夫人を黒蜥蜴だと見破った。黒蜥蜴は、必ず岩瀬の持つアラビアの星をもらいに来るといって姿を消した。東京へ帰った岩瀬は、早苗を自室に閉じこめ、用心棒を雇って警戒は厳重を極めた。しかし、その警戒の目を潜って黒蜥蜴は早苗をまたもや誘拐した。そして、身代金にダイヤアラビヤの星を要求して来た。黒蜥蜴の乾分雨宮は、黒蜥蜴の美貌に心惹かれ、奴隷のごとく黒蜥蜴に仕えていた。だが、黒蜥蜴は、自分の好敵手明智に女心を燃やしていた。岩瀬は指定の場所東京タワーにダイヤモンドを持っていった。黒蜥蜴はダイヤを受取るや、素速い変装で海上に逃れた。明智も黒蜥蜴の乾分松吉に身を変えて、黒蜥蜴の船に乗りこんでいた。やがて船は、ある無人島に到着した。ここには黒蜥蜴が集めた美術品がかくされてあった。人間の剥製や数々のダイヤモンド。無人島の地下室は宝庫であった。黒蜥蜴は早苗を剥製にしようとした。それをかばった雨宮は、早苗と一緒に明日の朝剥製にされることになった。その時、本物の早苗が明智の部下に伴われて無人島に現われ、黒蜥蜴に捕われた。明智が今日あることを予期して影武者を置いておいたのだ。明智は松吉の変装をかなぐり捨てた。その時には、明智の連絡で島は警察隊に包囲されていた。黒蜥蜴は毒を呻り、明智を愛しているといって死んでいった。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

製作年 1962年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 101
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 井上梅次
製作 永田雅一
原作 江戸川乱歩
劇化 三島由紀夫
脚色 新藤兼人
企画 土井逸雄吉田史子
撮影 中川芳久
音楽 黛敏郎
美術 間野重雄
録音 橋本国雄
スチル 薫森良民
照明 安田繁

キャスト

緑川夫人 京マチ子
明智小五郎 大木実
岩瀬早苗 叶順子
偽物の早苗 叶順子
岩瀬庄兵衛 三島雅夫
岩瀬夫人 目黒幸子
雨宮潤 川口浩
ひな夫人 緋桜陽子
北村 杉田康
松吉 中条静夫
明智の部下堺 大庭健次朗
明智の部下木津 長田健二
明智の部下岐阜 竹村南海児
用心棒 阿部脩
用心棒 大川修
用心棒 藤山浩二
用心棒 北城寿太郎
用心棒 丸井太郎
女中夢子 久里千春
女中色江 小笠原まり子
御用聞五郎 三角八郎
ホテル支配人 谷謙一
ホテルボーイ 穂積明

レビュー

絢爛豪華 乱歩の世界

投稿者:銀さん

(投稿日:2009/06/18)

美輪明宏の舞台でも有名ですが、1962年の映画版は京マチ子が…

[続きを読む]

支持者:3人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 黒蜥蜴(1962)