TOP > 映画作品を探す > きさらぎ無双剣

五味康祐原作・京都新聞連載「如月剣士」より「旗本退屈男 謎の珊瑚屋敷」の結束信二が脚色、「地獄の底をぶち破れ」の佐々木康が監督した剣豪篇。撮影は「ひばりのおしゃれ狂女」の鷲尾元也。

4/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

尾張藩江戸上屋敷では尾張大納言継友を中心に、家老大道寺駿河守、作事奉行柳沢備後守らが材木商備前屋藤兵衛の寮で開かれる一通の書状を囲んで密議をこらしていた。それには尾張を中心とする将軍家覆滅に加担する幕閣のお歴々の名が記されてあった。その密議を盗み聞きした女中の志乃は捕えられ檻禁された。柳沢は背後関係を狙って志乃の養父源兵衛の店に刺客を送った。だがその店の居候で道楽旗本の高田左近に追っ払われてしまった。その頃、大岡越前守の特命をうけて神田の悠之吉は、竜胆月之介を迎えに江戸を旅発った。月之介とは、将軍吉宗の親友で、播州三日月城主森安芸守である。二人の江戸への道中をつける一人の男、剣鬼蒲生鉄閑の姿があった。江戸では、老中大和守を中心に越前守、立花隼人正が、尾張藩の野望を阻止せんとしていた。いよいよ備前屋の寮での会合の日、陰謀派の中に越前守、隼人正が忍びこんだ。尾張藩の用心棒として雇われた蒲生鉄閑がこれを見破り、激しい立廻りが展開された。この時、お志乃を救助した月之介と悠之吉が現われ五人はこの過中から無事逃れ去った。志乃とは月之介の密命を帯びた隠密だった。尾張と手を組んでいる老中和泉守は、剣客達や浪人どもを、小伝馬町牢内へ囚人としてぞくぞくと送りこんだ。暴動を起させ、江戸市中を混乱に落し入れてから別働隊が江戸城を襲うという計画である。それを知った越前守、月之介、左近、隼人正らは、江戸の要所と、小伝馬町に輩下を散らした。だが、暴動は予定の時刻に持上った。各所で戦が展開された。しかし、この決戦も正義の刃を振るう、月之介達の勝利に終った。鉄閑も月之介のきさらぎ剣に倒れた。暴動は僅少の被害のうちに収められ、一味は全員捕えられた。それから数日後、平和な江戸を後にする月之介の後姿があった。

作品データ

製作年 1962年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 93
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 田口直也小倉浩一郎
原作 五味康祐
脚色 結束信二
監督 佐々木康
撮影 わし尾元也
音楽 阿部皓哉
美術 吉村晟
照明 田中憲次
録音 中山茂二
スチール 吉田晴光
編集 宮本信太郎

キャスト

竜胆月之介 市川右太衛門
五つ目小僧 松方弘樹
大岡越前守 高田浩吉
蒲生鉄閑 近衛十四郎
高田左近 里見浩太朗
徳川吉宗 東千代之介
立花隼人正 若山富三郎
志乃 大川恵子
おえり 筑波久子
お艶 青山京子
貴久 吉川博子
水野和泉守 山形勲
大道寺駿河守 石黒達也
柳沢備後守 原田甲子郎
柳生兵庫 坂東好太郎
津田兵部 原健策
備前屋藤兵衛 沢村宗之助
備前屋源三郎 片岡栄二郎
目明し佐平 国一太郎
般若の五郎 星十郎
篠原重兵衛 徳大寺伸
赤滝 尾形伸之介
伊藤 月形哲之介
大内 毛利清二
小岩井 有川正治
原田 関根永二郎
別木左五右衛門 堀正夫
大納言継友 中村竜三郎
お島 八汐路佳子
天野与左衛門 小田部通麿
源兵衛 有馬宏治
八木諸左衛門 戸上城太郎
久世大和守 高松錦之助
木塚忠左衛門 佐藤洋
亀之助 嵐歌之介
石田帯刀 長島隆一
門弟A 丘郁夫
門弟B 香月涼二
茶坊主 佐々木松之丞
下役人A 暁一夫
下役人B 那須伸太朗
取次の侍 島田兵庫
若侍 長田健二
与力 牧口徹
役人 倉丘伸太朗
侍A 原京市
侍B 高根利夫
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/9更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > きさらぎ無双剣