映画-Movie Walker > 作品を探す > 人間狩り(1962)

「メキシコ無宿」の星川清司が原作・脚色し、「ずらり俺たちゃ用心棒」の松尾昭典が監督した刑事もの。撮影は「黒い傷あとのブルース(1961 野村孝)」の岩佐一泉

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

小田切は総監賞を五回も貰った敏腕刑事だが、非情ということで署内での評判はよくない。警察学校で同期だった桂木だけが唯一の友である。ある日、一度も尻尾をつかまれたことのない顔役田口が、十五年前の強盗事件の口を割った。「だが、もう時効になってる。それにコロシをやった房井は今どこにいるか知らねえよ」と、田口はうそぶいた。小田切が古い記録を調べると、それは田口の思いちがいで、その事件は時効までにまだ三十七時間残っていた。房井を捕えれば今度こそ田口をブチ込むことができる。小田切は品川にいた房井を求めて、当てのない調べを始めた。十時間も歩きまわったころ、房井が昭和二十年に千葉県の青砥に疎開していたことを聞き込んだ。調査のすえ、房井の行方を知っているという老婆を追って、小田切は熱海へ飛んだ。同じ頃、彼の恋人志満は小料理屋をやめ、大阪へ行こうと考えていた。彼女は小田切が絞首台に送った殺人犯の情婦である。時効最後の日、小田切は、房井が赤羽にいると知った。一方、警察で桂木刑事が志満に「小田切にはあなたが必要なのだ」と慰撫していた。房井は長患いの妻を抱え、靴直しをやっていた。大学出の長男浩一は一流会社に勤め、娘京子も明るい性格だった。「あと一日逃げのびれば……」と帰宅した房井は、張り込み中の小田切に気がついて逃げようとした。その時、小田切の肩を叩いたのは、志満を連れた桂木だった。「房井をあげたところで何がのこる。家族が不幸になるだけだ」。小田切の顔に逡巡の色が流れた。十二時すこし前、房井を京成町屋駅に追いつめた小田切の足に、京子がしがみついた。「私です……私が……」と房井が十五年も抱き続けた思いを吐き出したとき、小田切の手から手錠がポトリと落ちた。時計は十二時を告げ、ホームの上を、木枯しが吹き抜けていった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1962年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 89
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 松尾昭典
原作 星川清司
脚本 星川清司
企画 浅田健三
撮影 岩佐一泉
音楽 鏑木創
美術 中村公彦
編集 井上親弥
録音 橋本文雄
スチール 目黒祐司
照明 安藤真之助

キャスト

小田切拓次 長門裕之
梶本志満 渡辺美佐子
桂木保 梅野泰靖
湊昌彦 高山秀雄
房井末吉 大坂志郎
房井松江 高野由美
房井浩一 伊藤孝雄
房井京子 中原早苗
田口 小沢栄太郎
須藤ヤス 北林谷栄
咲枝 山岡久乃
赤松大三 菅井一郎
検事 神山繁
裁判長 松下達夫
警察署長 嵯峨善兵
部長刑事市村 下元勉
刑事北島 藤岡重慶
刑事楠見 宮原徳平
刑事江藤 中台祥浩
捜査主任 緑川宏
五味 矢頭健男
八百屋のおやじ 河上信夫
赤羽の男 玉村駿太郎
赤羽の女 雨宮節子
煙草屋の若主人 沢井杏介
煙草屋の嫁さん 久木登喜子
米穀配給所の主入 紀原耕
電車の中の若い女 葵真木子
電車の中の若い男 永井文男
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
世界から希望が消えたなら。
世界から希望が消えたなら。

赤羽博監督がメガホンを取り竹内久顕が映画初主演する余命宣告を受けたある男の物語

ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 人間狩り(1962)