映画-Movie Walker > 作品を探す > 続 悪名

悪名の続篇。スタッフは前回と同じ。

3/5
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

満州事変の頃、やくざの世界から何くわぬ顔で故郷の河内に帰った朝吉は、女房お絹と百姓仕事を始めたが、ある日、弟分モートルの貞の時ならぬ訪問で忽ち化けの皮がはげ、これ幸いと大阪へ逆戻り。今は見るかげもない吉岡親分を見舞った朝吉と貞は、そこの居候で貞の弟分河太郎を預かった。河太郎と女房チェリーが難波新地の親分沖縄の源八に欺されたいきさつを聞くと、朝吉は単身源八の家へ乗り込み、スゴ味をきかして勘定をとり立てた。彼はまた、吉岡を窮地に陥しいれた松島の長五郎の非道に憤激、貞となぐり込みをかけて長五郎を半殺しの目にあわせた。これを機会に足を洗うつもりの朝吉だが、彼の度胸に惚れ込んだ松島一家の元締から、長五郎の縄張りと子分衆を押しつけられようとは!その夜酔って帰った貞は自分の子を宿したお照と間違えて、チェリーを抱いたため大騒動。一方、朝吉はやくざの親分になったことや昔の女琴糸の写真のことやらで、お絹にとっちめられた。売り出しの朝吉に喧嘩状を突きつけたのが、沖縄の源八だ。その結果は意外にも、源八の縄張りと子分まで、朝吉が引き受ける羽目になった。そんな朝吉の許へお絹が琴糸をつれて現れた。琴糸は東京で男に捨てられ、因島のイト親分の家へ帰りたがっている。朝吉と貞は琴糸を因島へ送ってやった。大阪へ帰った朝吉は、チェリーの足ぬきのことから新興やくざ新世界のカポネ一家と対立したが、松島の元締は、利用価値のうすれた朝吉に見切りをつけ、助ッ人を断った。朝吉が自分の一家だけで闘おうと、悲壮な決意を固めた折も折、召集令状が届いた。出発の前夜、朝吉は貞にやくざの世界の醜さを説き、子分たちにも正業につかせるよう訓した。やがて父になる貞を犬死させたくないからだが、数日後、貞はチンピラに刺されて死んだ。戦争とは国と国の縄張り争いみたいなものである。朝吉は「こうゴツイ出入りではムシケラ同然や」と自嘲しながら、果てしない暗黒のぬかるみ道を行軍するのだった。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

製作年 1961年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 93
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 田中徳三
原作 今東光
脚色 依田義賢
企画 鈴木晰成
撮影 宮川一夫
音楽 鏑木創
美術 内藤昭
編集 菅沼完二
録音 大谷巖
スチル 西地正満
照明 中岡源権

キャスト

朝吉 勝新太郎
モートルの貞 田宮二郎
お絹 中村玉緒
夕顔 浦路洋子
琴糸 水谷良重
チェリー 長谷川季子
お照 藤原礼子
麻生イト 浪花千栄子
松島一家の元締 中村鴈治郎
吉岡 山茶花究
河太郎 南都雄二
須賀不二男
長五郎 山路義人
シルクハットの親分 永田靖
喜兵衛 荒木忍
新世界のカポネ 藤山浩二
沖縄の源八 上田吉二郎
松島一家の幹分乙 水原浩一
松島一家の幹分丙 羅門光三郎
松島一家の幹分甲 玉置一恵
家主 東良之助
植木屋 石原須磨男
源八の幹分甲 藤川準
お艶 毛利郁子
長五郎の女房 近江輝子
悦子 浜世津子
お絹の母親 小林加奈枝
およし 小松みどり
仲居 滝のぼる
鶴吉 加賀美健一
清水明
永助 大杉潤
村雲 岡本幸三
戦友 木村玄
源八の乾分乙 谷口昇
辰吉 丸凡太
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 続 悪名