TOP > 上映中の映画作品を探す > 母ぁちゃん海が知ってるよ

山内久の原作を「南の風と波」の中島丈博が脚色。「高原児」の斎藤武市が監督した社会ドラマ。撮影は「堂堂たる人生」の高村倉太郎

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

あるさびれた漁村。そこに諸住愛吉は息子の一男とくらしていた。彼は東京で保険の勧誘員をしている若く美しい康子を嫁にもらうことにした。愛吉と康子は喜平の家で祝言の盃をかわした。康子には信男という十歳になるひよわな子供がいた。女手が加わってボロ家も輝いてきた。愛吉も意欲がわいた。仲間の矢蔵と組んで組合から金をかり沖釣に出る船を作った。だが漁村も金持ちの力におしまくられ、組合もサンマ船や底引きの方の肩を持った。矢蔵の息子真次には美代子という恋人がいた。ある夕暮、真次は美代子の手に禁漁のエビがさげられているのを見た。その翌朝、愛吉と矢蔵は美代子の父源爺の禁漁破り現場をみてしまった。やがて漁業組合で源爺の裁判が始った。そして罰金五千円、組合除名となった。源爺は海に出られない。母はリューマチだし、家賃も一年以上たまった。そこで美代子は東京へつとめにでようとした。真次は力強く反対し彼女をすくうためにサンマ船に乗ることにした。その頃一男は小豚を飼って金をもうけるプランをたてた。だが愛吉の家も日に日に困窮してきた。借金返納期日も迫って来た。そして愛吉は一男に無断で小豚を売ってしまった。一男は激昂した。翌日、海は荒れ模様だった。それでも愛吉と矢蔵は船を出した。沖へゆくほど嵐はすさみ船の中のコンロが倒れ、船は火をふいた。集落には暴風をしらせる半鐘が激しく鳴った。康子は胸さわぎがしてならなかった。愛吉は火傷のためこときれたまま海岸に流れついた。一男は第一報で知っていたが康子には黙っていた。しかし病院車で愛吉の死体が運ばれてきたとき康子は気を失った。仏壇には、愛吉の位牌が立ち、線香の煙が隙間風にゆれなびいた。喜平は諸住家の解散をとなえた。事実この家はどうにもならなかった。一男は康子のいうままに島立と一緒に汽車にのった。康子は悲しくて見送りにもいけなかった。虚脱したままで坐っていた。一男は次の駅で下車すると、逸散に康子のもとへかけつけた。

作品データ

製作年 1961年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 97
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 大塚和
原作 山内久
脚色 中島丈博
監督 斎藤武市
撮影 高村倉太郎
音楽 小杉太一郎
美術 坂口武玄
照明 安藤真之助
録音 古山恒夫
スチール 井本俊康
方言指導 松岡京志

キャスト

諸住一男 太田博之
諸住信男 石井浩
父愛吉 宇野重吉
母康子 南田洋子
真次 浜田光夫
矢蔵 河上信夫
房代 初井言栄
杉子 松尾嘉代
喜平 金子信雄
スエノ 高野由美
リキ 飯田蝶子
源爺 東野英治郎
美代子 和泉雅子
島立 山田禅二
ハル 福田トヨ
金作 大町文夫
林吉 日野道夫
ミシンの販売員 藤村有弘
先生 河合健二
先生 木室郁子
肉屋 衣笠力矢
アベックの男 石丘伸吾
都会風の女 夏今日子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/20更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 母ぁちゃん海が知ってるよ