TOP > 上映中の映画作品を探す > 紅の銃帯

土岐英史の原案を「波止場気質」の山崎巌と「暗黒街の静かな男」の中西隆三が共同で脚本を書き、「機動捜査班 東京危険地帯」の小杉勇が監督したアクションもの。撮影も同じコンビの松橋梅夫

3/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

信越の山脈--鞍を担いだエースのジョーは、高原の一本道で大畑興業のトラックに便乗した。仙田鉱山に着くと大畑興業の幹部村井と子分たちは、仙田省太郎と番頭源蔵に一千万円の返済を迫った。百万円という無法な利子に、息子の圭介は憤然と村井に掴みかかった。その刹那、猟銃を構えながらヌッとジョーが現れた。村井一味が帰ると、仙田は猟銃についた木彫りのブローチに気がついて愕然とした。……昔、自分から身をひいた女の持ち物なのだ。仙田の大草原を手に入れようとたくらむ大畑社長は、根城のキャバレー・赤い家でジョーを味方にひき入れた。突然、ジョーの前にグラスが飛んだ。ハッとするジョーにニヤリと笑いを投げたのは、名うての早射ち政だ。そこへジョーに首ったけのユリがスーツケースを提げてとびこんだ。その夜、仙田親子は何者かに狙撃され、省太郎は断崖から転落、圭介も傷を負った。鉱山へ向ったジョーは銃声を聞いて駆けつけ、逃げ去る馬上の人影を狙い射ったが後の祭だった。赤い家の社長室で政から一千万円のボストン・バッグを受け取った大畑はほくそ笑んだ。丘の上の墓地で、省太郎の墓標を取りまき、源蔵たちは合掌した。政が谷間の温泉宿で傷の治療をしているとユリから聞いたジョーは、政に口を割らせて大畑の陰謀を知った。腹ちがいの弟圭介を護るためジョーは亡父の形見の紅の銃帯をつけて、大畑興業の一味を射ちまくるのだった。

作品データ

製作年 1961年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 87
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 笹井英男
原案 土岐英史
脚本 山崎巌中西隆三
監督 小杉勇
撮影 松橋梅夫
音楽 小杉太一郎
美術 西亥一郎
照明 大西美津男
録音 宮永晋
スチル 坂東正男
編集 近藤光雄

キャスト

エースのジョー 宍戸錠
ユリ 香月美奈子
大畑 金子信雄
村井 内田良平
ヤス 弘松三郎
サブ 藤岡重慶
その他の乾分 白井鋭
その他の乾分 柴田新三
その他の乾分 瀬山孝司
その他の乾分 土田義雄
その他の乾分 高橋明
深江章喜
仙田省太郎 松本染升
仙田美代 相馬幸子
仙田圭介 青山恭二
仙田節子 松原智恵子
松木源造 菅井一郎
仙田鉱山事務員 雪丘恵介
仙田鉱山従業員達 紀原土耕
仙田鉱山鉱夫(一) 千代田弘
仙田鉱山鉱夫(二) 戸波志朗
仙田鉱山鉱夫(三) 荒井岩衛
仙田鉱山鉱夫(四) 式田賢一
バーテン 曽我部勉
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/18更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 紅の銃帯