TOP > 上映中の映画作品を探す > 都会の魔窟

「波止場気質」の安東穂夫長谷部潤が共同で脚本を書き、「北上夜曲」の中島義次が監督したアクション・ドラマ。撮影は「波止場気質」の中尾利太郎

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

“ブルー・セプテット”のバンマス北川が、麻薬注射のショックで急死した。しかし、北川が麻薬をはげしく憎んでいたことを知るトランペッター志願の隆次は、死因に不審を持ち、チンピラ時代から世話になった伴刑事に相談する。北川の妹亜矢子は“ブルー・セプテット”のピアノ弾きになったが、北川の後をついだ藤巻は、“ナイトクラブ・ジアンゴ”の社長林かおるの情夫だ。隆次と亜矢子が北川の墓参に行くと、そこに北川のかつての恋人で、なぜか姿を消していた白井美沙がいた。しかし、美沙は逃げるようにして走り去った。隆次の疑惑は深まる一方だ。そして、隆次がジアンゴに出入りするピアノ調律師が麻薬の連び屋であることを突きとめるに至って、彼には危険が迫ってきた。麻薬の力で無理矢理に美沙を情婦にしているボスの利根、子分の岩佐、武田、そして藤巻らがその一味であるが、後にはもっと大きい黒幕がいるようだ。隆次、亜矢子、そして一味から逃れようとする美沙らの働きで、麻薬組織の秘密は次第に追いつめられ、北川も一味に殺されたことは明らかになってきた。さらに伴刑事や一味に潜入した通称次郎--実は立花刑事の努力で、組織の首領は逮捕された。意外にも、来日中の名サックス奏者ケニー・リチャーズと、ジアンゴの社長林かおるこそ国際麻薬組織の大物だったのだ。隆次のトランペット、亜矢子のピアノが、再建ブルー・セプテットの前途を祝うように鳴りひびく。

作品データ

製作年 1961年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 67
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

三村隆次 川地民夫
北川亜矢子 清水まゆみ
北川光男 森塚敏
白井美沙 南寿美子
三太郎 亀山靖博
利根 田中明夫
武田 杉江弘
林かおる 宮城千賀子
岩佐 滝恵一
藤巻 木浦佑三
伴刑事 宮取将嘉
ジロウ 上野山功一
殺し屋次郎 小野良
中山 沢井杏介
利根の乾分1 時照明
利根の乾分2 小柴隆
利根の乾分3 三浜元
利根の乾分4 山口吉弘
牛乳屋 杉山元
バンドマン達 荻志郎
バンドマン達 織田俊彦
バンドマン達 石丘伸吾
バンドマン達 二階堂郁夫
バンドマン達 浜口竜哉
調律師 高野誠二郎
チンピラ 藤井昭雄
チンピラ 佐久間健太郎
チンピラ 立川博
チンピラ 大川隆
司会 広瀬優
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/18更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 都会の魔窟