TOP > 上映中の映画作品を探す > 色の道教えます 夢三夜

週刊新潮連載の五味康祐の同名小説の映画化。「鯉名の銀平(1961)」の犬塚稔が脚色、「木曽ぶし三度笠」の加戸敏が監督した。撮影は「お馬は七十七万石」の牧田行正

3/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

◇第一話上意討ち◇土屋相模守は家老山田鉄斎立会いの下に、家中の美女の中から夜伽の相手として勇を選んだ。だが勇はこの老君の命を頑として拒んだ。それは、かつて縁組のあった赤尾又兵衛の面影をいまだに抱いていると知った老君は、又兵衛に勇、上意討ちの仕手を命じた。それも、刀を使わず又兵衛が所持する槍をとって仕止めよの命に、又兵衛は鉄斎に教示を仰いだ。わけ知りの鉄斎は、又兵衛に色道を説き勇上意討ちの秘訣を教えた、又兵衛は勇を鼓して勇の屋敷に向かった。◇第二話横笛◇日本橋に豪勢な店を構える菜種問屋浦野屋では、一人娘小夜と、婿養子菊三郎の披露宴が開かれていた。その時、花婿花嫁のいる奥座敷から妙なる笛の音が聞えてきた。不審に思った仲人夫婦が様子を伺うと、小夜は笛を吹き菊三郎は蒲団の上に坐ったままだった。改めてお床入りとなった次第だが、今度は押込み強盗騒ぎが起ってしまった。すっかり神経質になった両人は、その後数日を経てもことごとく不成功に終ってしまった。あわてた父の吉兵衛は、日頃懇意に願っているわけ知りの鉄斎に事情を打ち明けた。粋人の鉄斎は、一日郊外の川に屋形舟を仕立て、二人を招いて一席の宴を張った。そして、菊三郎を呼んで色道の極意を説き、席を外した。陸から眺める鉄斎の耳に笛の音がはたと止るのが判った。◇第三話うわなり打◇常州土浦藩の鬼藤鎮兵衛は、前妻絹を離縁、後妻の加多とも別れようとしていた。加多は素直な女で何事につけ易々諾々としているので、変化を求める鎮兵衛には物たりないのだった。その辺の事情を知った鉄斎は一計を案じ、加多を家に招き酒を呑ませて帰した。酒気を帯びて帰った加多に鎮兵衛の怒りが爆発他行の秘密を告白せよと責めたてるが加多は鉄斎との誓約のためいかなる責めにもたえた。二人の争いは、夫婦生活に一つの灯として喜びがあった。

作品データ

製作年 1961年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 75
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 久保寺生郎
原作 五味康祐
脚色 犬塚稔
監督 加戸敏
撮影 牧田行正
音楽 高橋半
美術 神田孝一郎
照明 島崎一二
録音 長岡栄
スチル 浅田延之助
編集 西田重雄

キャスト

山田鉄斎 二代目中村鴈治郎
菊三郎 小林勝彦
赤尾又兵衛 三田村元
鬼藤鎮兵衛 千葉敏郎
お小夜 小桜純子
加多 三田登喜子
加茂良子
井上明子
百合 山本弘子
毛利郁子
菊野 平井岐代子
松島 近江輝子
土屋相模守 大山健二
神戸藤右衛門 南部彰三
石黒市左衛門 水原浩一
名倉屋惣兵衛 葛木香一
浦野屋吉兵衛 荒木忍
山口屋三右衛門 玉置一恵
藤七 横山文彦
奈良屋平七 岩田正
上田角右衛門 志賀明
伯馬屋彦右衛門 沖時男
安蔵 大杉潤
岡っ引 竹谷俊彦
時松 丸凡太
お磯 金剛麗子
お徳 小林加奈枝
皐月 高原朝子
勇の母 国枝勢津子
弥生 薄操
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 色の道教えます 夢三夜